競馬ブログ

道悪競馬時の「馬体重」「斤量」別の戦績 ~道悪競馬予想前に見てね~

荒れ戦です。

8月14日(土)の競馬ですが、小倉、新潟は雨の影響が大きそうで、紛れは十分考えられますが、「コレだ!」と思うレースがありませんので、3連単10万超え勝負は見合わせます。

今回は、道悪馬場だった時の、馬体重、斤量別の戦績を見てみたいと思います。

私の中で、道悪=馬体重が軽い馬が活躍するイメージがあります。

そのイメージを植え付けられたレースは大阪杯を勝ったレイパパレ

斤量422kgで道悪ものともせず、完勝したレースで印象づけられました。

今回データから、道悪=馬体重が軽い馬が有利なのか、土曜日の道悪競馬に向けて検証したいと思います。

 

 

まずは、過去3カ年の全場芝の「不良馬場」と「良馬場」の馬体重別戦績を見て比較してみました。

全場芝「不良馬場」時の馬体重戦績

全場芝「良馬場」時の馬体重戦績

不良馬場時は460~519の勝率、連対率、複勝率が高く、回収率も良いです。

道悪=軽量馬有利は間違いです。

 

 

 

次に、過去3カ年の全場芝の「不良馬場」と「良馬場」の斤量別戦績を見て比較しました。

全場芝「不良馬場」時の斤量別戦績

全場芝「良馬場」時の斤量別戦績

こちらもデータから

道悪=軽斤量有利というのは無いですね。

 

 

まとめ

・道悪だから「馬体重が軽い」「斤量が軽い」馬が有利ということは無い。

 

今日はここまで

明日は、関屋記念の予想を行います。時間があればUHB賞も行えればと思います。

 


【お気軽にお問い合わせください】






    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。