競馬ブログ

【UHB賞2021】① 荒れるレース波乱診断

荒れ戦です。

久しぶりのブログ更新です。

心機一転、皆様の参考になる記事を更新していくことを心がけ、長く続けていけたらと思いますので、宜しくお願いいたします。

本日は、8月15日日曜日、札幌11R UHB賞2021の予想として、荒れるレース波乱診断を行っていきたいと思います。

このレースの診断を行う理由としては、メンバーを見渡して「荒れそう」と直感的に感じたのが一番の理由です。

レースの傾向、馬の状態や枠順配置を見てから、高配当多点買いをするかどうかを判断していきたいと思います。

 

 


荒れるレース波乱診断

過去10年のUHB賞の傾向および札幌芝1200mの傾向を見ていきたいと思います。

UHB賞の3連単配当傾向

※2011年は芝1500m戦

過去10年で3連単10万超えが1回です。

少頭数戦で行われる事が多いレースですが、それにしても荒れない傾向のレースです。

 

 

 

札幌芝1200m戦の3連単配当傾向

3連単10万超え確率は、35.1%

決して高い数字ではありません。

 

 

 

札幌芝1200m 

逃げ先行馬が好走する確率が高いレース。

今回開幕馬場という事で、より先行有利な傾向にあると予想。

当日の脚質の傾向確認は大事。

 

 

 

札幌芝1200 馬番傾向

内外の有利不利は無し。

逆に15番、16番の外枠の戦績が良い。

 

 

 

札幌芝1200 種牡馬傾向

ダイワメジャー産駒が勝率、連対率、複勝率いずれも高く、回収値の数字も高くなっています。

今年出走予定馬でダイワメジャー産駒はケープコッド

注意は必要です。

 

 

 

まとめ

・過去の傾向および札幌芝1200mは荒れにくい傾向にある
・内外の有利不利なし。
・逃げ、先行馬が有利という点は他場と変わりなし。

 

今回予想した段階では、データ面からは、高配当多点買いはしない予定で考えているが、馬の状態、当日の馬場状況等見てから購入判断を行う。

 

 


【お気軽にお問い合わせください】






    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。