競馬ブログ

【ダイヤモンドS2021】予想③ 全頭最終追い切り調教診断(後編)

荒れ戦です。

2月20日に行われるダイヤモンドS2021予想として全頭最終追い切り調教診断(後編)を行っていきたいと思います。

今回は

ナムラドノヴァン
ダノンテイオー
ミスマンマミーア
ジャコマル
メイショウテンゲン
ワセダインブルー
ポンデザール
パフォーマープロミス

8頭の診断を行っていきたいと思います!

 


※おすすめサイトの紹介※

「コンピ指数」競馬をやられている方は殆どの方は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

コンピ指数は日刊スポーツが算出している競馬指数です。

今回紹介する「異常値の法則」を使って、期待値が高い馬、低い馬を簡単に見分ける事ができますので、参考にしてみてください。


日刊コンピ 異常値の法則


 

最終追い切り調教診断(後編)

 

ナムラドノヴァン

(追い切り評価95点】

最終はCWコースで併せ馬を行いました。

手応え抜群の動きでCWを駆けておりましたが

過去の追い切りを見ても6F79秒台を馬なりで駆けており、調教駆けする馬で納得です。

動きから体調は大変良さそうです。

【今回】

最終
栗CW重
82.8-65.6-51.2-37.6-12.2 馬なり

一週前
栗CW良
80.6-65.8-51.6-38.2-11.9 一杯

 

【前回】万葉S1着時

連闘のため軽め

 

 

 


ダノンテイオー

(追い切り評価93点】

最終は坂路コース単走で追い切りました。

最終及び一週前ともに4F52秒台で駆けておりますが、大きく変わった印象はありません。

現状維持と判断します。

【今回】

最終
栗坂路重
52.9-38.3-25.0-12.6 強め

一週前
栗坂路稍重
52.7-38.5-25.0-12.6 一杯

 

【前回】ベテルギウスS11着時

最終
栗坂路良
54.9-39.6-25.2-12.6 馬なり

一週前
栗CW良
81.1-65.7-52.1-38.6-12.3 仕掛け

 

 

 


ミスマンマミーア

(追い切り評価94点】

最終はCWコース単走で追い切りました。

前走は追い切り評価低く見ていて、日経新春杯2着好走した馬です。

今回はその時に比べ伸びのあるストライドを見せており、動きは良く見えました。

更に上昇と判断します。

【今回】

最終
栗CW重
84.9-67.9-52.2-38.8-12.3 強め

一週前
栗CW良
83.5-67.6-52.5-39.1-13.4 馬なり

 

【前回】日経新春杯2着時

最終
栗CW良
68.5-53.1-39.2-12.4 G強め

一週前
栗CW良
85.5-69.5-53.9-39.6-12.3 馬なり

 

 

 


ジャコマル

(追い切り評価94点】

最終はCWコースで併せ馬を行いました。

ラスト1F13秒台と調教ではあまり目立たない馬ですが、6F82.5秒はこの馬にしては速い方です。

状態は良さそうです。

【今回】

最終
栗CW重
82.5-65.9-52.1-38.1-13.7 一杯

一週前
栗CW良
84.0-69.0-54.1-40.1-13.1 一杯

 

【前回】AJCC7着時

最終
栗CW良
84.1-67.7-52.8-39.2-13.4 一杯

一週前
栗CW良
86.2-69.4-54.0-39.9-13.0 一杯

 

 

 


メイショウテンゲン

(追い切り評価94点】

最終はCW単走で追い切りました。

追われると反応鋭くラスト1F11.8秒の好タイム。

ただ前半楽をしての動きなので、高い評価とまではいきませんが、動き自体は悪くありません。

【今回】

最終
栗CW重
85.3-68.5-53.6-39.2-11.8 G前仕掛け

一週前
栗CW良
84.3-68.1-52.7-38.5-12.4 一杯

 

【前回】ステイヤーズS14着時

最終
栗CW良
88.1-71.2-55.3-40.6-12.6 馬なり

一週前
栗CW良
82.6-67.2-52.6-38.7-12.3 一杯

 

 

 


ワセダインブルー

(追い切り評価92点】

最終はPコース単走で追い切りました。

調教駆けしない馬でPコースでも時計がでていません。

追い切り動画を見ると

「スピード感ある動きを見せているが時計が遅い」

評価を下げたいポイントになります。

【今回】

最終
美P良
70.8-54.3-39.0-12.6 馬なり

一週前
南W良
68.3-53.1-39.9-13.6 馬なり

 

【前回】日経新春杯8着時

最終
南W良
61.8-45.9-13.4 馬なり

一週前
南W良
59.9-44.1-12.8 馬なり

 

 

 


ポンデザール

(追い切り評価92点】

最終はWコースで併せ馬を行いました。

最終は終始馬なりで手綱をガッチリ押さえての内容で、一週前が実質の本追い切り。

その一週前ですが追われて反応良く僚馬を突き放し、見栄えが良い動きをみせておりましたが、前半抑えていたわりにはラスト1Fの時計が物足りません。

追い切り評価からは推せません。

 

【今回】

最終
南W稍重
54.8-40.6-13.1 馬なり

一週前
南W良
69.7-54.5-39.9-12.7 G一杯

 

【前回】ステイヤーズS3着時

最終
南W良
53.3-38.7-12.8 馬なり

一週前
南W稍重
82.2-67.2-52.7-38.9-12.5 強め

 

 

 


パフォーマープロミス

(追い切り評価96点】

最終はCWコース単走で追い切りました。

追い切り動画が無いため時計のみでの評価ですが

2019年春の天皇賞で骨折後、その後の過去3戦は坂路主体で追い切りを行っておりましたが、今回は以前主体としていたCWに戻しており、当時と変わらぬ好時計で駆けています。

しっかり負荷をかけた追い切りを行えていると判断して良さそうです。

注目の一頭

【今回】

最終
栗CW重
82.9-66.9-51.4-37.8-11.6 強め

一週前
栗CW良
80.9-65.6-51.5-38.4-12.7 馬なり

 

【前回】JC11着時

最終
栗坂路良
53.8-38.7-24.8-12.2 G強め

一週前
栗坂路良
52.3-38.5-25.0-12.6 一杯

 

 

 


【お気軽にお問い合わせください】






    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。