競馬ブログ

【東京新聞杯2021】予想 全頭最終追い切り調教診断&直前厩舎情報

荒れ戦です。

2月7日に行われる東京新聞杯2021予想として

○全頭最終追い切り調教診断
○直前厩舎情報(土曜夜に更新)

を書いていきたいと思います。

 

【出走馬】

1枠1番 ダイワギャグニー
1枠2番 サトノウィザード
2枠3番 ロードマイウェイ
2枠4番 カテドラル
3枠5番 トライン
3枠6番 プロディガルサン
4枠7番 ショウナンライズ
4枠8番 ニシノデイジー
5枠9番 サトノアーサー
5枠10番 カラテ
6枠11番 シャドウディーヴァ
6枠12番 トリプルエース
7枠13番 ヴァンドギャルド
7枠14番 エントシャイデン
8枠15番 エメラルファイト
8枠16番 サトノインプレッサ

 

 


※おすすめサイトの紹介※

「コンピ指数」競馬をやられている方は殆どの方は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

コンピ指数は日刊スポーツが算出している競馬指数です。

今回紹介する「異常値の法則」を使って、期待値が高い馬、低い馬を簡単に見分ける事ができますので、参考にしてみてください。


日刊コンピ 異常値の法則


 

最終追い切り調教診断&厩舎情報等

 

 

1枠1番 ダイワギャグニー

(追い切り評価93点)

最終はWコース単走で追い切りました。

中2週ということで軽めの内容。

動きからも特に大きな上積みは感じません。

【今回】

最終
南W稍重
83.5-67.7-53.9-40.1-13.3 馬なり

一週前
美坂路重
53.0-39.1-12.7 馬なり

 

【前回】日経新春杯12着時

最終
美坂路良
50.9-37.6-24.8-12.4 強め

一週前
南W良
68.7-53.4-39.6-13.0 仕掛け

 

 

 

 

1枠2番 サトノウィザード

(追い切り評価95点)

最終追い切りは火曜追い

動画が無いため時計のみでの判断ですが、一週前にビッシリ坂路で追い

最終は単走ながらも6F80.7と全体時計優秀。

良い出来にあるのではないでしょうか。

【今回】

最終
栗CW
80.7-12.5 馬なり

一週前
栗坂路重
52.2-38.3-13.1 一杯

 

【前回】ニューイヤーS4着時

最終
栗CW良
81.6-65.2-51.3-37.0-12.8 馬なり

一週前
栗坂路重
53.9-39.1-25.7-13.1 馬なり

 

 

 

 

2枠3番 ロードマイウェイ

(追い切り評価93点)

最終は坂路単走で追い切りました。

最終はまずまずの動きを見せるも、中間坂路で軽めの仕上げ内容。

「このレースに向けての仕上げ感」としては物足りないです。

【今回】

最終
美坂路重
53.5-38.1-24.8-12.6 馬なり

 

【前回】京都金杯16着時

最終
栗坂路良
54.9-39.6-26.0-13.1 馬なり

一週前
栗CW良
81.1-64.8-50.0-37.1-11.7 仕掛け

 

 

 

 

2枠4番 カテドラル

(追い切り評価93点)

最終は坂路単走で追い切りました。

前走同様に一週前、最終ともに馬なり

動きは悪くはありませんが、特別良い分けでもありません。

現状維持

【今回】

最終
栗坂路重
55.1-39.9-25.4-12.0 馬なり

一週前
栗坂路重
56.1-40.5-12.4 馬なり

 

【前回】キャピタルS9着時

最終
栗坂路良
53.9-39.0-25.1-12.2 馬なり

一週前
栗坂路良
53.9-38.6-24.8-12.3 馬なり

 

 

 

 

3枠5番 トライン

(追い切り評価95点)

最終は軽めの内容でしたが、一週前にビッシリ追い切っているため問題ありません。

一週前の動きは、坂路コースでバネの効いた走りを見せており、リズム良く坂を上がっていて好感が持てます。

大変良い出来にあると判断します。

【今回】

最終
美坂路重
58.4-42.3-27.5-13.7 馬なり

一週前
栗坂路重
53.9-39.3-12.0 一杯

 

【前回】キャピタルS6着時

最終
栗坂路良
58.0-42.3-27.4-13.7 馬なり

一週前
栗坂路良
53.2-38.7-25.3-12.3 仕掛け

 

 

 

 

3枠6番 プロディガルサン

(追い切り評価93点)

最終はWコースで併せ馬を行いました。

調教駆けする馬で、今回も好時計をマーク。

調教では良い動きを見せますが、結果が出ない以上、高い評価はできません。

【今回】

最終
南W稍重
66.4-50.9-37.6-12.6 強め

一週前
南W稍重
65.0-50.1-37.6-12.4 仕掛け

 

【前回】スワンS13着時

最終
美坂路良
51.3-37.2-24.9-13.0 馬なり

一週前
美坂路良
51.6-38.4-26.1-13.8 馬なり

 

 

 

 

4枠7番 ショウナンライズ

(追い切り評価92点)

最終はWコース単走で追い切りました。

コース外々を回ってのの時計なので、全体時計としてはまずまず。

ただ一週前、最終ともにラスト1F13秒を切れなかった点は減点。

【今回】

最終
南W稍重
70.6-55.3-41.0-13.3 仕掛け

一週前
南W稍重
69.0-53.6-39.8-13.0 一杯

 

【前回】ニューイヤーS14着時

最終
南W良
72.2-56.8-42.5-12.7 馬なり

 

 

 

 

4枠8番 ニシノデイジー

(追い切り評価93点)

一週前はWコースで一杯に追い切り、時計的に物足りない内容でしたが、最終は坂路コースで活気ある動きを見せておりました。

中々判断が難しいですね。

ただ、休み明けで、芝1600m以下は未経験とハードルは高いです。

あとは馬体重を確認

【今回】

最終
美坂路良
53.3-38.4-24.9-12.5 強め

一週前
南W稍重
68.0-53.1-38.7-13.4 一杯

 

【前回】函館記念13着時

最終
南W良
68.8-53.8-39.4-13.0 馬なり

 

 

 

 

5枠9番 サトノアーサー

(追い切り評価93点)

最終は坂路コース単走で追い切りました。

跳びの綺麗な馬で目を引く走りをいつも見せています。

ただ、普段は坂路4F51秒台をだしている馬ですが、この中間は軽めの内容

追い切り内容からは現状維持の判断といたします。

【今回】

最終
栗坂路重
54.4-39.3-25.3-12.2 馬なり

一週前
栗坂路重
53.0-38.0-12.1 強め

 

【前回】京都金杯12着時

最終
栗坂路重
53.9-38.8-25.1-12.4 馬なり

一週前
栗坂路良
52.9-37.6-24.1-11.8 一杯

 

 

 

 

5枠10番 カラテ

(追い切り評価95点)

最終は坂路コース単走で追い切りました。

4F50.7秒と自己ベストタイをマーク。

動きにも活気があって大変良い出来にあると判断します。

【今回】

最終
美坂路良
50.7-37.0-24.6-12.5 仕掛け

一週前
栗坂路重
54.6-39.8-12.4 馬なり

 

【前回】若潮S1着時

最終
美坂路良
51.9-37.3-24.4-12.3 馬なり

一週前
美坂路良
52.5-37.9-24.7-12.2 馬なり

 

 

 

 

6枠11番 シャドウディーヴァ

(追い切り評価95点)

一週前にWコースで強めに追い切り、最終は輸送を考えて坂路で軽めの調整でしたが、軽やかな動きを見せており、休み明けを感じさせない動き。

寒い時期に良績が集中している馬。

注目の1頭です。

【今回】

最終
美坂路良
53.4-39.2-25.4-12.3 馬なり

一週前
南W稍重
66.0-50.7-37.3-12.4 強め

 

【前回】エリザベス女王杯8着時

最終
栗CW良
82.3-66.9-52.7-38.8-12.4 馬なり

一週前
栗CW良
82.9-67.6-52.7-39.5-13.3 馬なり

 

 

 

 

6枠12番 トリプルエース

(追い切り評価95点)

最終は坂路単走で追い切りました。

前走時は一週前、最終ともに物足りない内容でしたが、今回はしっかり時計をだしており、動きにも力強さがありました。

上積みを期待して良さそうです。

【今回】

最終
栗坂路良
52.7-38.4-25.0-12.4 仕掛け

一週前
栗坂路重
54.3-38.7-12.3 強め

 

【前回】京都金杯8着時

最終
栗坂路良
55.3-39.5-25.1-12.5 G強め

一週前
栗坂路重
57.9-42.3-27.5-13.8 馬なり

 

 

 

 

7枠13番 ヴァンドギャルド

(追い切り評価95点)

前走時とほぼ同様の追い切り内容。

芝コースで軽やかな動きを見せており、動きは全く問題ありません。

休み明け実績も十分で好状態と判断します。

【今回】

最終
栗芝重
52.9-37.8-11.9 馬なり

一週前
栗CW良
86.3-70.1-54.0-39.5-13.0 馬なり

 

【前回】マイルCS6着時

最終
栗芝良
67.6-52.1-37.4-11.9 馬なり

一週前
栗CW良
70.1-53.9-38.9-12.6 馬なり

 

 

 

 

7枠14番 エントシャイデン

(追い切り評価96点)

前走の京都金杯でも追い切りで高評価して3着好走した馬。

今回も馬なりながらも体全体を使ったフットワークで体調の良さがうかがえる動き。

今回も穴馬候補です。

 

【今回】

最終
栗CW重
50.6-37.0-11.8 馬なり

一週前
栗坂路重
56.1-40.5-12.4 馬なり

 

【前回】京都金杯3着時

最終
栗CW重
52.3-37.4-11.3 一杯

一週前
栗CW良
83.7-66.4-50.9-37.7-11.8 馬なり

 

 

 

 

8枠15番 エメラルファイト

(追い切り評価92点)

最終はWコース単走で追い切りました。

スピード感ある動きに見えますが、時計が案外。

「動きが遅く見えて時計が速い」は評価しますが

「動きが速くて時計が遅い」は評価しません。

【今回】

最終
南W稍重
67.8-53.2-39.2-13.2 一杯

一週前
南W稍重
68.3-52.7-38.8-12.9 仕掛け

 

【前回】ポルックスS14着時

最終
南W良
66.7-51.3-37.3-12.6 仕掛け

一週前
南W良
65.9-51.0-37.5-12.6 一杯

 

 

 

 

8枠16番 サトノインプレッサ

(追い切り評価95点)

最終は坂路で併せ馬を行いました。

僚馬に手応えは劣りましたが、普段坂路で4F53秒台で走る馬なので、重馬場で52秒台は駆けている方です。

好状態と判断します。

【今回】

最終
栗坂路重
52.5-38.0-25.0-12.7 強め

 

【前回】日経新春杯7着時

最終
栗CW良
83.8-67.5-52.6-38.5-12.1 強め

一週前
栗CW良
80.4-64.7-50.4-37.8-12.5 一杯

 

 

 

 

 

 


【お気軽にお問い合わせください】






    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。