競馬ブログ

【アメリカジョッキークラブカップ2021】予想③ 全頭最終追い切り調教診断&直前厩舎情報(後編)

荒れ戦です。

1月24日に行われるアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2021予想として

○最終追い切り調教診断
○直前厩舎情報(土曜日更新)

を書いていきます。

今回追い切り診断する馬は下記9頭です。

タガノディアマンテ
ナイママ
ノーブルマーズ
ベストアプローチ
マイネルハニー
モズベッロ
ラストドラフト
ランフォザローゼス
ヴェルトライゼンデ

 

 


※おすすめサイトの紹介※

「コンピ指数」競馬をやられている方は殆どの方は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

コンピ指数は日刊スポーツが算出している競馬指数です。

今回紹介する「異常値の法則」を使って、期待値が高い馬、低い馬を簡単に見分ける事ができますので、参考にしてみてください。


日刊コンピ 異常値の法則


 

最終追い切り&厩舎情報等

 

タガノディアマンテ

【追い切り診断】

【今回】

最終
栗坂路良
55.5-39.9-25.3-12.3 G一杯

一週前
栗CW良
81.8-65.8-51.0-37.8-12.6 一杯

 

【前回】ステイヤーズS2着時

最終
栗坂路良
53.7-38.7-25.0-12.4 一杯

一週前
栗CW良
82.2-66.6-51.3-37.8-12.0 一杯

 

【最終追い切り診断】

(追い切り評価95点)

最終は坂路で併せ馬を行いました。

前走は折り合いに難があったことから、前半は折り合い専念しゴール前一杯に追う内容。しっかり折り合いが取れていて、キビキビした動きで大変良かったと思います。

負荷は一週前にシッカリかけているため、レースに向けて予定どおりの追い切りが出来たのではないでしょうか。

 

【直前厩舎情報

 

 

 

ナイママ

【追い切り診断】

【今回】

最終
南W良
85.3-69.2-53.5-39.3-12.8 一杯

一週前
南W良
69.6-54.2-39.6-12.4 一杯

 

【前回】チャレンジC6着時

最終
南W良
54.6-40.1-12.4 馬なり

 

【最終追い切り診断】

(追い切り評価93点)

最終はWコース単走で追い切りました。

Wコースの外々を回っての時計なので、決して悪い時計ではありません。

ただ過去の追い切り比較として、大きな変化が感じられません。

現状維持の判断といたします。

 

【直前厩舎情報

 

 

 

ノーブルマーズ

【追い切り診断】

【今回】

最終
栗CW良
83.3-67.5-52.8-38.9-12.0 強め

一週前
栗CW良
83.4-66.6-51.9-38.4-12.1 一杯

 

【前回】カシオペアS8着時

最終
栗CW良
53.1-38.1-12.1 馬なり

一週前
栗CW良
82.2-66.4-51.9-38.0-11.8 仕掛け

 

【最終追い切り診断】

(追い切り評価93点)

追い切り動画の情報が無いため動きを確認出来ていないため、時計のみでの診断です。

過去の追い切り時計と比較しても、「良くもなく、悪くもなく」といえます。

普通の状態と判断します。

 

【直前厩舎情報

 

 

 

ベストアプローチ

【追い切り診断】

【今回】

最終
南W良
70.1-55.4-40.2-12.7 馬なり

一週前
南W良
86.5-71.0-55.8-41.3-13.0 仕掛け

 

【前回】アルゼンチン共和国杯7着時

最終
美坂路稍重
52.2-38.3-25.2-12.4 強め

一週前
南W良
70.8-56.3-42.1-13.4 馬なり

 

【最終追い切り診断】

(追い切り評価95点)

最終、一週前ともに軽めの内容。

実質の本追い切りは1月17日日曜日の坂路での追い切り

坂路稍重

50.2-37.1-12.4 馬なり

日曜日の追い切り動画情報が無いため、動きは確認できませんが、馬なりでの時計ということで、調子が悪ければ出ない時計です。

穴馬として注目の1頭です。

 

【直前厩舎情報

 

 

 

マイネルハニー

【追い切り診断】

【今回】

最終
南W良
66.7-51.7-38.8-13.7 馬なり

一週前
美坂路稍重
51.5-37.4-12.6 一杯

 

【前回】ディッセンバーS11着時

最終
南W良
68.5-53.7-39.7-13.5 馬なり

一週前
南W良
66.9-52.0-38.2-12.5 仕掛け

 

【最終追い切り診断】

(追い切り評価94点)

最終はWコースで併せ馬を行いました。

ハイラップで刻んだため、ラストは時計が掛かりましたが、動きはとても良かったと思います。

近走成績は思わしくありませんが、この馬自身の出来に関しては上向きと判断します。

 

【直前厩舎情報

 

 

 

モズベッロ

【追い切り診断】

【今回】

最終
栗坂路良
53.7-39.5-25.5-12.8 強め

一週前
栗CW良
81.9-67.4-53.8-40.4-14.2 一杯

 

【前回】有馬記念15着時

最終
栗坂路良
54.5-39.9-25.9-13.1 一杯

一週前
栗坂路良
55.3-39.3-25.4-13.0 仕掛け

 

【最終追い切り診断】

(追い切り評価94点)

最終は坂路で併せ馬を行いました。

このペースであればラスト1F12秒前半を出して欲しかったところですが、有馬記念時に比べて、各段に良化しているのは明らかです。

昨年の春が100点としたなら90点の出来にあるとみています。

 

【直前厩舎情報

 

 

 

ラストドラフト

【追い切り診断】

【今回】

最終
南P良
63.5-49.4-36.5-12.1 馬なり

一週前
南W良
66.1-52.0-38.1-12.8 一杯

 

【前回】アルゼンチン共和国杯2着時

最終
美P良
63.6-49.2-36.0-12.2 仕掛け

一週前
南W良
66.6-51.6-38.7-13.3 馬なり

 

【最終追い切り診断】

(追い切り評価95点)

最終はPコースで併せ馬を行いました。

Pコースなのでスピード感ある動きに見えるのが一般的ですが、躍動感ある走りをしており、大変良かったと思います。

出来は「前走並み~それ以上」と判断します。

 

【直前厩舎情報

 

 

 

ランフォザローゼス

【追い切り診断】

【今回】

最終
南W良
71.0-55.2-41.3-13.1 馬なり

一週前
南W良
86.0-69.4-54.4-39.8-12.6 馬なり

 

【前回】キャピタルS8着時

最終
南芝稍重
67.3-52.3-37.9-11.8 強め

一週前
南芝良
65.9-50.4-36.6-11.5 仕掛け

 

【最終追い切り診断】

(追い切り評価93点)

最終はWコースで併せ馬を行いました。

Wコースでは調教掛けしない馬。時計的にはいつもどおり。

動き自体も特に大きな変化なし。現状維持。

 

【直前厩舎情報

 

 

 

ヴェルトライゼンデ

【追い切り診断】

【今回】

最終
栗CW良
81.8-66.1-51.6-38.2-11.9 強め

一週前
栗CW良
81.2-66.3-52.4-38.2-12.3 一杯

 

【前回】菊花賞7着時

最終
栗CW良
84.3-67.2-51.9-37.7-11.7 一杯

一週前
栗CW良
82.2-66.3-51.4-37.5-11.8 強め

 

【最終追い切り診断】

(追い切り評価95点)

最終はCWコースで併せ馬を行いました。

2週続けての負荷で好時計をマーク。動きにも力強さがあり大変良かったと思います。

十分力を出せる出来にあると判断。

 

【直前厩舎情報

 

 

 


【お気軽にお問い合わせください】






    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。