競馬ブログ

【愛知杯2021】最終予想 印し付き考察 ~◎はウインマイティー 穴はアブレイズ~

荒れ戦です。

本日は愛知杯2021の予想として「買い目および印し馬考察」を行っていきたいと思います。

 

今開催の中京芝は「内枠有利馬場」から始まりましたが、開催が進むにつれ、外差しも目立ち始めてきました。

ただ、まだ多少内有利傾向にあると見ておりますので、それを加味して予想していきたいと思います。

 

まずは当日朝7時時点の単勝・複勝オッズを見てみましょう

人気 馬名 単勝 複勝
1 センテリュオ 4.5 1.9-2.2
2 マジックキャッスル 5.9 2.2-2.8
3 レッドアステル 8.1 2.6-3.3
4 シゲルピンクダイヤ 9.9 2.2-2.7
5 サトノダムゼル 10.0 3.1-3.9
6 ランブリングアレー 11.6 3.4-4.3
7 サトノガーネット 11.8 4.0-5.1
8 ウラヌスチャーム 16.0 4.0-5.1
9 ウインマイティー 18.9 4.8-6.1
10 カセドラルベル 20.2 5.5-7.1
11 デンコウアンジュ 22.4 4.7-6.0
12 アブレイズ 34.1 10.9-14.1
13 ドナウデルタ 35.3 8.4-10.8
14 ナルハヤ 41.1 10.6-13.8
15 リンディーホップ 46.8 8.7-11.3
16 サマーセント 48.2 8.4-10.8
17 タガノアスワド 50.4 12.6-16.3
18 ディアンドル 67.1 13.0-16.9

 

センテリュオが1番人気で単勝4.5倍

ただ、ハンデ戦で56kgを背負いますし、左回りは今回2回目で1回目は新潟記念で7着。

不安材料は決して少なくありません。

2番人気マジックキャッスル~6番人気ランブリングアレーまで、10番~外に集まっており、一筋縄ではいかない一戦と見ております。

十分荒れる気配を感じるレースです。

 

 

 

 

【印し馬考察】

 

◎1枠2番 ウインマイティー

追い切り評価95点

秋華賞とエリザベス女王杯の凡走で人気が急落

ただ、秋華賞は荒れた内で走りずらそうにしており、前走のエリザベス女王杯は3コーナー付近から、有力馬がウィンマイティーの外々をまくってきて、直線で軽く包まれました。

厩舎情報にもあるとおり、追い切りが少し軽かった点からも、疲れがあったのは追い切り内容から見て分ります。

今回は一週前、最終とCWコースで一杯に追い切り好時計を出しているとおり、リフレッシュされております。

また、1番~4番に入った時の戦績は【3.0.0.1】と、立ち回りが上手い馬です。今回1枠2番で、今の中京芝を考えたら絶好と言えます。

今の人気を考えたら期待値が高い馬と見ております。

 

 

 

 

○7枠15番 シゲルピンクダイヤ

追い切り評価95点

前走の中日新聞杯では久しぶりにこの馬らしい走りを見せての2着。

今回も同様に中京芝2000m戦。

追い切りも一週前にビッシリ追われ、好状態を保っております。

展開にあまり左右されない馬です。

 

 

 

以下△として

センテリュオ

サトノダムゼル

レッドアステル

アブレイズ

ランブリングアレー

マジックキャッスル

まで。

 

 

穴馬として注目はアブレイズ

追い切り評価は96点

新馬、フラワーCと2連勝後、3戦で2桁着順と戦績が振るいませんが、一週前坂路で50.5-36.7-11.9一杯で自己ベストをマーク。

出来は間違いなく良化。

変わり身を大きく期待できます。

 

 

【愛知杯2021】予想 全頭追い切り調教診断・厩舎情報・前走時コメント はコチラ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。