競馬ブログ

【朝日杯フューチュリティS2020】予想① 最終追い切り調教診断(前編)

荒れ戦です。

今回は12月20日に行われる朝日杯フューチュリティS2020の最終追い切り調教診断を行っていきたいと思います。

 

 

今回は追い切り診断を行う馬は下記の8頭です。

1枠1番 カイザーノヴァ
1枠2番 グレナディアガーズ
2枠3番 ビゾンテノブファロ
2枠4番 ショックアクション
3枠5番 ドゥラモンド
3枠6番 ブルースピリット
4枠7番 ステラヴェローチェ
4枠8番 レッドベルオーブ

 

最終追い切り調教診断

 

1枠1番 カイザーノヴァ

(追い切り評価 93点)

【今回】

最終
栗坂路良 
53.2-39.1-25.4-12.9 一杯

一週前
栗坂路良
52.9-38.7-25.4-12.7 一杯

【前回】デイリー杯2歳S5着時

最終
栗CW良 
83.3-67.4-52.3-38.5-11.8 一杯

一週前
栗坂路良 
54.4-40.6-27.2-13.8 一杯

【追い切り診断】

2週続けて坂路で併せ馬を行いました。

頭が高く見た目があまり良く感じませんが、時計的には4F52秒台でラストも12秒台でまとめております。

前走時の一週前の坂路一杯と比較したら格段に内容が良いです。

状態上向きと見ます。

 

 

 

1枠2番 グレナディアガーズ

(追い切り評価 96点)

【今回】

最終
栗坂路良 
51.4-37.8-24.7-12.6 馬なり

一週前
栗CW良
83.8-67.8-51.9-38.3-11.7 馬なり

【前回】2歳未勝利1着時

最終
栗坂路良 
52.6-38.2-24.7-12.3 馬なり

一週前
栗CW良
82.5-65.4-51.1-38.5-12.2 馬なり

【追い切り診断】

最終は坂路併せ馬で追い切られました。

重心が低い走りで且つ、リズミカルに坂を駆け上がりました。

4F51.4秒でラスト1Fも馬なりで12.6

手綱を押さえて余力十分。大変良い出来にあると判断します。

とても見栄えの良い馬で魅力的な一頭です。

 

 

 

2枠3番 ビゾンテノブファロ

(追い切り評価 94点)

【今回】

最終
南W良 
83.4-67.0-51.9-38.4-12.9 強め

【前回】ベゴニア賞4着時

最終
南W稍重 
73.1-57.3-43.0-12.8 馬なり

 

【追い切り診断】

一週前含め中間は坂路で4F67秒台の軽めの追い切り

最終追い切りでビッシリ追い切る調整スタイル

最終はWコースで併せ馬を行い、追われるとグイッと伸びて先着。

好気配

 

 

 

2枠4番 ショックアクション

(追い切り評価 96点)

【今回】

最終
栗坂路良 
52.8-38.0-24.3-11.9 仕掛け

一週前
栗CW良
82.5-67.2-53.0-38.8-12.1 強め

【前回】新潟2歳S着時

最終
栗坂路良 
55.1-39.3-24.7-11.8 馬なり

一週前
栗坂路良 
52.4-37.4-23.9-11.8 G強

【追い切り診断】

最終は坂路単走で追い切られました。

大変力強い脚捌きで坂路を駆け上がりました。

ラスト1F軽く仕掛けられると11秒台

前走時も良かったですが、前走時と同等かそれ以上の出来にあると見ています。

 

 

 

3枠5番 ドゥラモンド

(追い切り評価 93点)

【今回】

最終
南W良 
68.4-53.2-39.4-12.6 馬なり

一週前
南W良
70.4-54.6-41.0-12.6 G強め

【前回】アスター賞1着時

最終
南W良 
66.5-52.2-39.2-12.7 馬なり

一週前
南W重 
68.9-53.1-39.5-12.5 強め

【追い切り診断】

最終はWコースで併せ馬を行いました。

G1前という事ですが、特に目立った動きでは無く、前走時同様の仕上げ。

出来に関しては、前走並と判断します。

 

 

 

3枠6番 ブルースピリット

(追い切り評価 92点)

【今回】

最終
栗CW良 
83.0-67.6-53.4-39.7-12.3 仕掛け

一週前
栗CW良
84.3-68.2-52.4-38.6-11.7 馬なり

【前回】秋明菊賞1着時

最終
栗CW良 
84.1-67.9-52.4-38.3-12.5 馬なり

一週前
栗CW良 
80.7-65.2-50.4-37.3-12.1 馬なり

【追い切り診断】

2週続けてCWコースで併せ馬を行いました。

前走時の一週前にシッカリ負荷を掛け好タイム

それがあっての比較ですが、今回は物足り無さ感があります。

動きも特筆する事がありません。

良くて現状維持と判断します。

 

 

 

4枠7番 ステラヴェローチェ

(追い切り評価 97点)

【今回】

最終
栗坂路良 
53.8-38.5-24.7-12.0 G強

一週前
栗CW良
66.9-51.5-37.7-12.1 馬なり

【前回】サウジアラビアRC1着時

最終
栗CW良 
82.6-66.1-51.1-37.5-12.2 強め

一週前
栗CW良 
81.6-65.7-51.4-37.7-12.4 馬なり

【追い切り診断】

二週前にCW良で

79.2-63.7-49.1-36.4-12.7 馬なり

の高負荷をかけています。

調整過程を見ても、このレースに照準を合わせビッシリ仕上げてきた事が伝わる追い切り内容。

メイチに近い出来にあると見ています。

 

 

 

4枠8番 レッドベルオーブ

(追い切り評価 94点)

【今回】

最終
栗CW良 
65.4-50.9-37.2-12.5 馬なり

一週前
栗CW良
68.9-53.2-38.5-12.4 馬なり

【前回】デイリー杯2歳S1着時

最終
栗CW良 
67.6-52.1-37.9-12.2 馬なり

一週前
栗CW良 
81.6-66.0-51.3-37.9-11.8 馬なり

【追い切り診断】

最終のCWの時計が良く見えますが、

2走前、2歳未勝利戦時の最終追い切りでは

今回よりCWコースの外目周り

65.8-51.1-37.6-12.7 馬なり

を出しております。

馬の能力は別として、状態面としては特別良いという感じはありません。

「これまで同様の出来」という判断とさせていただきます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。