競馬ブログ

【スワンS2020】予想① 最終追い切り調教診断(想定上位人気5頭+特注馬1頭)

荒れ戦です。

今回は10月31日に行われるスワンSの最終追い切り調教診断を行っていきたいと思います。

今回、追い切り診断を行う馬は、想定上位人気5頭及びその他の馬で特別良い馬を取り上げたいと思います。

 

想定上位人気5頭+特注馬

サウンドキアラ
アドマイヤマーズ
ステルヴィオ
カテドラル
シヴァージ

特注馬1頭

 

 

最終追い切り調教診断

 

サウンドキアラ

(追い切り評価 94点)

最終

栗坂路良

53.2-39.1-25.8-12.7 馬なり

 

一週前

栗坂路良

52.5-38.0-12.5 強め

 

追い切り診断

最終は坂路コース単走で追い切りました。

二週前にも坂路で

52.1-37.6-12.3 馬なり

で掛けております。

完調の動きではありませんが、動き自体も重苦しさも無く、まずまず仕上がったと判断します。

 

 

 


アドマイヤマーズ

 

(追い切り評価 97点)

最終

栗坂路良

51.9-38.3-25.2-12.7 馬なり

 

一週前

栗CW良

78.5-63.0-48.8-36.3-11.8 強め

 

追い切り診断

最終は坂路コース単走で追い切りました。

一週前の追い切りが実質の本追い切り。

調教駆けする馬ですが、安田記念時より良い動き

体全体を使った力強い動きで、外目を回っての芝並のタイム

最終も軽めにも関わらず4Fで51.9秒と時計が出てしまうぐらいの状態

休み明けですが、大変良い状態と判断します。

 

 

 


ステルヴィオ

(追い切り評価 94点)

最終

南W良

66.7-51.2-38.0-12.3 馬なり

 

一週前

南W良

83.4-67.2-52.4-38.4-12.9 強め

 

追い切り診断

最終はWコースで併せ馬を行いました。

馬なりで反応良く1馬身程先着

休み明けですが、好仕上がりと判断します。

 

 

 


カテドラル

 

(追い切り評価 95点)

最終

栗坂路良

54.8-39.1-24.8-12.2 馬なり

 

一週前

南CW良

79.8-64.5-50.5-37.2-11.8 強め

 

追い切り診断

最終は坂路コースで併せ馬を行いました。

一週前はCWコースで素晴らしい時計をマーク。

ただ追い切り動画を確認できていないため、時計だけの判断になってしまいます。

最終では2F強めで、力強い脚捌きで、反応良く僚馬に併入

前走引き続き体調は良さそうです。

 

 

 


シヴァージ

(追い切り評価 92点)

最終

南CW良

86.1-69.1-53.5-39.2-11.8 強め

 

一週前

栗CW良

85.1-68.2-52.9-38.5-12.1 強め

 

追い切り診断

最終はCWコースで単走で追い切りました。

今回追い切り診断を行った、アドマイヤマーズ、カテドラルの内容と比較すると、物足り無さがあります。

2週ともラスト1Fのみ強めに追い切っている内容で、休み明けとして負荷が足りない印象ありです。

 

 

 

 

上位人気馬以外の特注馬

プロディガルサン

(追い切り評価 94点)

最終

美坂路良

51.3-37.2-24.9-13.0 馬なり

 

一週前

栗坂路良

51.6-38.4-13.8 馬なり

 

追い切り診断

最終は坂路コースで併せ馬を行いました。

ラスト1F13.0秒と時計が掛っていますが、強く追っていないため、バテて時計が掛ったという事では無いとみています。

全体時計としては4F51.3秒と好時計をマーク

動きにも活気があって大変良い状態だと思います。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。