競馬ブログ

【京都大賞典2020】予想① 全頭最終追い切り調教診断(前編)

荒れ戦です。

本日は10月11日(日)は京都競馬場で行われる、京都大賞典の全頭最終追い切り調教診断(前編)を行って行きたいと思います。

今回診断する馬は下記の7頭です。

 

アルバート
キセキ
キングオブコージ
グローリーヴェイズ
ステイフーリッシュ
パフォーマープロミス
モンドインテロ

 

最終追い切り調教診断(前編)

 

アルバート

最終

栗坂路良

54.2-39.5-25.9-12.9 馬なり

 

一週前

栗坂路良

52.2-37.8-12.8 強め

 

追い切り診断

最終は坂路コース単走で追いきりました。

最終は軽めの内容でしたが、一週前に負荷をかけているため問題無しと判断しています。

坂路コースで4F52.2はこの馬としては、時計が出ている方で、良い仕上がりに持ってこれたのでは無いでしょうか。

 

 

 

 


キセキ

最終

栗坂路良

52.8-38.4-25.0-12.0 一杯

 

一週前

栗CW良

65.9-51.3-38.4-12.3 馬なり

 

追い切り診断

最終は坂路コースで併せ馬を行いました。

調教駆けする馬ですが、最終、一週前ともにインパクトに欠ける内容。

前哨戦仕上げで8分程度の出来と判断します。

 

 

 

 


キングオブコージ

最終

栗CW良

82.4-65.5-50.8-37.9-12.6 馬なり

 

一週前

栗CW良

80.9-63.9-49.5-36.6-12.3 強め

 

追い切り診断

最終はCWコース単走で追い切りました。

一週前、最終ともに躍動感ある動きで、大変素晴らしい動きを見せております。

前走の目黒記念はメイチ感ある動きだったので、それには及びませんが、休み明けとしては十分な出来と判断します。

 

 

 

 


グローリーヴェイズ

最終

南W良

67.5-53.2-39.4-12.7 強め

 

一週前

南W良

81.7-65.2-51.0-37.1-12.6 一杯

 

追い切り診断

一週前が実質本追い切り

一杯に追い切り僚馬に大きく先着。

大きいストライドで調子は良さそうです。

休み明けですが、それなりに仕上げてきております。

 

 

 

 


ステイフーリッシュ

最終

栗坂路良

55.7-41.5-26.8-13.0 馬なり

 

追い切り診断

最終は坂路コース単走で追いきりました。

オールカマーから中1週のため軽め調整です。

現状維持の判断と致します。

 

 

 

 


パフォーマープロミス

最終

栗坂路良

54.3-39.2-25.3-12.7 馬なり

 

一週前

栗坂路良

52.6-38.0-12.7 一杯

 

追い切り診断

一週前が実質本追い切り

坂路ではそこまで時計が出ない馬ですが、4F52.6秒はこの馬としては出ております。

休み明けに実績がある馬で、前走の鳴尾記念の休み明けより、出来は上と見ています。

 

 

 

 


モンドインテロ

最終

美坂路良

50.9-37.0-24.7-12.9 一杯

 

一週前

美坂路稍

52.6-38.8-12.2 一杯

 

追い切り診断

最終は坂路コースで併せ馬を行いました。

脚部不安で坂路中心の追い切りですが、時計もしっかり出ており、動き自体も大変良く見えました。

仕上がりはまずまず良さそうです。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。