競馬ブログ

【京成杯AH2020】予想① 有力馬最終追い切り調教診断

荒れ戦です。

本日は、京成杯AHS2020の最終追い切り調教診断として人気が予想される5頭の診断および+αで動きが良い馬がいたらピックアップして紹介していきたいと思います。

 

京成杯AHS2020 追い切り調教診断

 

スマイルカナ

最終

南W稍重 66.0-51.0-37.2-11.7 強め

一週前

南W良 67.5-52.1-38.8-11.9 馬なり

 

最終追い切り診断

一週前、最終はWコース単走で追い切りました。

桜花賞時と比較して、物足りない部分はありますが、秋初戦としてはまずまずの出来。

 

 

 

 

ルフトシュトローム

最終

南W稍重 55.4-40.7.12.6 馬なり

一週前

南W稍重 66.5-52.1-38.7-12.3 一杯

 

最終追い切り診断

最終はWコース単走で追い切りました。

一週前にビッシリ追い切っておりますが、中間念入りな調整が行われており、休み明けとして十分な仕上がりと判断。

良い出来にあると判断します。

 

 

 

 

トロワゼトワル

最終

栗坂路良 53.3-38.7-24.8-12.2 馬なり

一週前

栗坂路良 55.5-40.4-12.7 強め

 

最終追い切り診断

最終は坂路コース単走で追い切りました。

いつもどおりの動きで特に強調する点はありませんが、前走の状態は十分維持出来ているものと判断します。

 

 

 

 

アンドラステ

最終

栗CW良 55.4-40.0-12.8 馬なり

一週前

栗CW良 68.5-52.8-38.7-12.2 一杯

 

最終追い切り診断

最終はCWコース単走で追い切りました。

一週前が実質の本追い切りですが、一杯に追い切っている割には、いつもより時計を落としております。

一週前の動きを動画で確認出来ていないため、何とも判断がつきませんが、物足り無さ感はあります。

 

 

 

 

シゲルピンクダイヤ

最終

栗CW良 80.8-65.2-50.7-37.2-12.3 一杯

一週前

栗CW良 84.1-67.8-53.0-38.6-12.3 馬なり

 

最終追い切り診断

最終はCWコース単走で追い切りました。

大外ラチ沿いを回って好時計をマーク

動きにも躍動感あり、見栄えする動きを見せてくれました。

良い出来と判断します。

 

 

 

まとめ

 

人気が予想される5頭の追い切り診断を行いました。

当初5頭の他に動きが良い馬を数頭紹介しようと思っておりましたが、特に強調できる馬がおりませんでしので、紹介しておりません。

追い切り診断では、特に荒れる気配が上がった感はありません。

ただ、スマイルカナが大外16番ということで、トロワゼトワルとの先行争いが当レースの一番のポイントだと思っております。

2頭が共倒れするという事は考え難いですが、どちらも逃げて力を発揮する馬。

流れ次第では紛れは十分考えられます。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。