競馬ブログ

【紫苑S2020】予想② 全頭最終追い切り調教診断(前編)

荒れ戦です。

本日は、紫苑S2020の全頭最終追い切り調教診断(前編)を行っていきたいと思います。

今回診断を行う馬は下記8頭です。

ウインマイティー
シーズンギフト
スカイグルーヴ
ホウオウエミーズ
ホウオウピースフル
マジックキャッスル
マルターズディオサ
レッドルレーヴ

 

 

紫苑S2020 最終追い切り調教診断(前編)

 

ウインマイティー

最終

栗CW良 83.5-67.0-52.6-39.4-12.6 馬なり

一週前

栗CW良 80.3-65.0-51.1-38.6-12.0 強め

 

最終追い切り診断

最終はCWコース単走で追い切りました。

一週前に負荷をかけたため、最終は軽めの内容。

ただ、大外ラチ沿いを体全体を使ったフットワークでとても気持ちよさそうに駆けていました。

体調は大変良く見えます。

 

一週前追い切り診断

一週前はCWコースで併せ馬を行いました。

直線追われるとパワフルな動きを見せており、時計も上々。

休み明けで負けたエルフィンS時より断然良いです。

 

 

 

 

シーズンギフト

最終

南W良 65.4-50.8-38.2-12.2 馬なり

一週前

南W稍重 69.1-54.3-40.9-12.3 馬なり

 

最終追い切り診断

最終はWコースで併せ馬を行いました。

素軽い動きで、僚馬に馬なりで先着。

春時より、時計も大幅に短縮し、成長を感じさせます。

レースぶりに注目。

 

 

 

 

スカイグルーヴ

最終

南W良 65.0-50.0-37.1-12.4 馬なり

一週前

南W稍重 67.6-52.4-38.5-12.3 馬なり

 

最終追い切り診断

最終はWコースで併せ馬を行いました。

楽な手応えで4F50.0秒の好時計をマーク

性能が違う可能性があります。

 

一週前追い切り診断

一週前はWコースで併せ馬を行いました。

抑え切れない手応えで終始馬なり

追えば弾けそうな感もあったので、最終追い切りに注目します。

 

 

 

 

ホウオウエミーズ

最終

南W良 67.1-52.3-37.1-12.9 強め

一週前

南W稍重 70.5-54.8-40.7-12.8 馬なり

 

最終追い切り診断

最終はWコースで併せ馬を行いました。

僚馬に先着し動きもまずまず。

時計もこの馬としては出ている方です。

前走以上の出来と判断します。

 

 

一週前追い切り診断

一週前はWコースで併せ馬を行いました。

調教駆けしない馬なので時計はこの程度

動きは「まずまず」ですが、強調する点は特にありません。

 

 

 

 

ホウオウピースフル

最終

南W良 66.7-51.6-38.2-12.7 馬なり

一週前

南W稍重 67.0-52.7-38.9-13.0 馬なり

 

最終追い切り診断

最終はWコースで併せ馬を行いました

一週前の動きは物足り無さがありましたが、最終は回転力ある走りを見せ、時計も春に出していた時計を上回っています。

休み明けですが出来は春以上と言っても良いでしょう。

一週前追い切り診断

一週前はWコースで併せ馬を行いました。

調教駆けしない馬で時計は平凡。

併せ馬では大きく先着しましたが、僚馬が動かなすぎただけ。

ただ、過去追い切り比較と差は無いため、軽視は禁物。

 

 

 

 

マジックキャッスル

最終

美坂路良 51.3-37.6-24.8-12.5 馬なり

一週前

美坂路稍重 52.2-37.8-12.4 馬なり

 

最終追い切り診断

最終は坂路コース単走で追い切りました。

中間坂路で念入りに乗り込まれており、2週前も坂路で

坂路良 51.4-37.3-24.1-12.1 G前仕掛け

と好時計をマーク。

集中力ある走りで、シッカリしたフォームで坂を駆け上がっていました。

休み明けですが、力を発揮出来る出来にあると判断します。

 

 

 

 

マルターズディオサ

最終

南W良 66.2-51.0-37.6-12.3 馬なり

一週前

南W稍重 70.6-54.8-40.5-12.8 馬なり

 

最終追い切り診断

最終はWコースで併せ馬を行いました。

一週前が相当軽めの内容だったので注目しておりましたが、伸びのある動きを見せ僚馬に先着。

休み明けですが、8~9分程度出来ているものと判断します。

一週前追い切り診断

一週前はWコースで併せ馬を行いました。

相当軽めの内容。

最終追い切りに注目します。

 

 

 

 

レッドルレーヴ

最終

南W稍良 67.4-52.7-38.9-12.2 馬なり

一週前

南W稍重 70.5-54.9-39.4-12.9 馬なり

 

最終追い切り診断

最終はWコースで併せ馬を行いました。

馬なりですが、時計は上々。

手応え抜群の動きで出来は大変良さそうです。

 

一週前追い切り診断

一週前はWコースで併せ馬を行いました。

藤沢厩舎の追い切りはいつも「併せ馬、馬なり」で、馬の状態判別が難しいです。

最終追い切りで確認します。

 

 

 

 

まとめ

 

今回追い切り診断した馬は、人気が予想される馬をメインに診断を行ってきましたが、春時より動きが良くなっている馬が多い印象がありました。

当初荒れる可能性が高いレースと見ておりましたが、この診断を受け、荒れる可能性は引くいという判断にせざるをえません。

ただ、人気薄の馬の診断が終わっておりませんので、全頭診断を行ってから最終判断と致します。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。