競馬ブログ

【札幌記念2020】予想 一週前時点厩舎コメント

荒れ戦です。

本日は札幌記念2020の予想として

一週前時点の厩舎コメント

を掲載いたします。

一部コメントが無い馬もおりますが、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

札幌記念一週前時点厩舎コメント

 

ラッキーライラック

松永調教師

一息入れましたが、特に休み明けと言った感じも無く、良い状態だと思います。

前走は稍重の馬場の影響もありましたが、やはり前半にポジションを取るために仕掛けて行ったことが、最後に応えました。

一週前追い切りを終え、ここで仕上げるつもりでしっかりやりましたが、時計、動きともに良いですね。

レースを控え、前半をリラックスして運べるかが鍵。ここの内容次第で秋の路線が決まると思いますし、まずはしっかり結果を出したい。

 

 

ノームコア

萩原調教師

一週前追い切りを終え、動きは良かったし、この中間も特に変わりなく順調。

ここ2戦はいい競馬だっただと思う。距離を延ばし、どんな競馬をしてくれるか楽しみ。

 

 

トーセンスーリヤ

小野調教師

一週前追い切りを終え、いい追い切りが出来た。

さすがに前走後はダメージがあったけどね。乗り出してからは順調だし、落ち着きもある。帰厩した当初はトモ(後肢)に緩さがあったけど、その点も少しずつ解消してきた。

あとは輸送で絞れるだろうし、ちょうどいい感じになるんじゃないかな。

北海道の洋芝は合うし、いい勝負になると思う。

 

 

マカヒキ

大江調教助手

フレッシュな状態で来られました。前走はスタートから出していって、そこそこの位置で流れに乗れたのが収穫。

これがいい刺激になれば。

馬自身は7歳でも気持ちが若く活気があります。

 

 

アドマイヤジャスタ

野見山調教助手

パシファイアーを着けてから周りのことが気にならなくなって、集中できるようになった。

いい頃の走りが戻ってきた。

 

 

ブラックホール

三尾調教助手

首がすごく太くなった。

それに応じてパワーもついて、春よりたくましく感じる。

石川騎手

一週前追い切りを終え、正直ここまで動けるとは思っていなかった。イメージよりいい動き。チャンスがあると思っている。

 

 

カウディーリョ

齋藤調教助手

調教師と牧場側で密に連絡を取り、ある程度は牧場で乗って時計を出してから12日に札幌競馬場に入厩しました。

短い輸送でも馬体重が14キロほど減ってしまったので、そのあたりに注意しながら対応していきたいです。

前走の函館記念は厳しい競馬になりましたが、最後に盛り返すようなところを見せてくれました。そこまで切れる脚を使うタイプではないので、スムーズに加速できれば。

 

 

トーラスジェミニ

堀内調教助手

前走の函館記念は2000mの距離というよりはペースの問題。もう少し自分のペースで行けていればと思うけど、厳しい展開でも頑張った。

ここ最近で必要な筋肉がついて無駄肉がとれた。

涼しい気候で元気いっぱいだし、いい意味で状態は平行線。

すごく張りがあって中身はグンと良くなっている。

 

 

ペルシアンナイト

齋藤調教助手

春はドバイの開催が中止になったり、走りにくい馬場になったりと不運があった。

放牧明けでも2ヶ月程度しかあいていないし、馬体に緩んだところはない。

距離は2000mまでなら大丈夫。

ロス無くスムーズに回ってこられれば、まだまだやれていい。

 

 

ノームコア

萩原調教師

一週前追い切りを終え、動きは良かったし、この中間も特に変わりなく順調。

ここ2戦はいい競馬だっただと思う。距離を延ばし、どんな競馬をしてくれるか楽しみ。

 

 

ポンデザール

齋藤調教助手

前走の札幌日経OPは良くなっていく段階でしたが、強い競馬でした。

札幌の洋芝が合うのでしょう。

ルメール騎手は「2600mの距離が合っている」と言っていたので、今回は2000mへの距離短縮がポイント。

レース後は少しカイバ食いが落ちていますし、レース後に見られる程度の硬さも出ているので、ここに使える状態かを慎重に見極めていきます。

 

 

【札幌記念2020記事まとめはコチラ】

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。