競馬ブログ

【関屋記念2020】予想① 荒れるレース波乱診断

荒れ戦です

今回は8月16日新潟競馬第11Rに行われる関屋記念2020の競馬予想として

過去データ分析

有力馬考察

を行って行きたいと思います。

 

過去10年で3連単10万超えが3回

その3回も10万円台と荒れ難い重賞レースとなっております。

果たして今年も堅い決着になるのか

まずは過去データをチェックして、傾向を見ていきたいと思います。

 

 

関屋記念2020過去データと新潟芝1600mの傾向と対策

それでは、早速過去データを分析していきたいと思います。

・関屋記念3連単配当傾向

過去10年で3回、3連単10万超しておりますが、多頭数戦にも関わらず堅い決着が多いという事は、実力馬が実力どおり力を発揮しやすい傾向にあるレースと言えます。

 

 

・関屋記念3連単馬番傾向

1~6番 9頭
7~12番 12頭
13番~  9頭

内外の有利不利は全く無いと言って良いでしょう。

 

 

・小倉記念3連単脚質傾向

※()内は通過順4コーナー時の位置

逃げ(1番手)  3頭
先行(2~6番手) 15頭
差し(7~12番手) 6頭
追い込み(13番手~)6頭

 

先行馬の戦績は良いのは当然ですが、差し、追い込みもしっかり届いています。

 

 

新潟芝1600m3連単配当傾向(過去10年 16頭立て以上)

3連単10万超え確率 32.9%

3連単平均配当 21万円

決して高い数値とは言えません。

 

 

 

有力馬分析

8月10日23時時点の単勝予想オッズ(ネット競馬)

1番人気 プリモシーン       2.8倍
2番人気 クリノガウディー  5.0倍
3番人気 サトノアーサー   5.2倍
4番人気 グルーヴィット   7.0倍
5番人気 アンドラステ    7.6倍

 

 

プリモシーン

前走のヴィクトリアマイルでは追い切り内容良く「メイチ」感がありましたが、展開向かず8着に終わりました。

ただ、関屋記念は過去傾向から見ても、枠順不問、差し追い込みも届くレース

左周りを得意とするこの馬にとっては絶好の舞台設定

追い切り内容が良ければ、当然主力級

 

 

クリノガウディー

前走のCBC賞は全く見せ場無く12着敗戦

この馬は【好走」「凡走」の波が激しいため、この傾向があるのであれば、人気がある時は無視しても良いです。

ココでも凡走して、人気が無くなったら狙いたい馬。

 

 

サトノアーサー

不運の馬

全19レース中

「不良馬場3回」「重馬場3回」「稍重4回」

良馬場でレースが行われるより、雨の影響を受けて競馬をしている回数の方が多いです。

道悪馬場でも結果を出していますが、切れのある馬なので良馬場でこその馬。

 

 

 

グルーヴィット

前走京王杯SC3着

高松宮記念で、グランアレグリア、シヴァージとともに後方から突っ込んで来た馬。

あのレースで後方から突っ込んで来た馬は、能力が高い馬だと見ています。

ココでも充分勝ち負け出来る馬。

 

 

 

アンドラステ

前走エプソムCで4着好走

全体成績4-1-1-1と上がり馬的な存在。

過去レースを見てもココでも充分通用する一頭。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。