競馬ブログ

【小倉記念2020】予想① 荒れるレース波乱診断&有力馬考察 

荒れ戦です

今回は8月16日小倉競馬第11Rに行われる小倉記念2020の競馬予想として

過去データ分析

有力馬考察

を行って行きたいと思います。

 

過去10年で3連単10万超えが3回と意外に荒れていない小倉記念ですが、過去10年の傾向を見ても分るとおり、10年間のうち5回出走頭数が13頭以下のレースです。

出走頭数が少ないと当然、紛れの可能性は低くなります。

今回出走登録馬17頭という事ですが、出来れば16頭立て以上の開催を望んでいます!

 

 

小倉記念2020過去データと小倉芝2000mの傾向と対策

それでは、早速過去データを分析していきたいと思います。

・小倉記念3連単配当傾向

近3年堅く収まっておりますが、出走頭数が12頭~13頭と少頭数戦が多い事が理由にあります。

今回出走登録17頭なので、フルゲート割れ確定ですが、16頭立て以上であれば充分に高配当を狙っても面白いレースだと見ています。

 

 

・小倉記念3連単馬番傾向

1~6番 14頭
7~12番 11頭
13番~  5頭

13頭立て以下のレース数が5レースもあるため、13番~外の5頭は高い数値と言っても良いです。内外の差は無しと考えて良いでしょう。

 

 

・小倉記念3連単脚質傾向

※()内は通過順4コーナー時の位置

逃げ(1番手)  3頭
先行(2~6番手) 18頭
差し(7~12番手) 9頭
追い込み(13番手~)0頭

 

直線が短いという事もあり、4コーナーである程度前目につけている馬の好走率が高いです。

 

 

小倉芝2000m3連単配当傾向(過去10年 16頭立て以上)

3連単10万超え確率 34.9%

3連単平均配当 18万9千円

決して高い数値とは言えません。

 

 

 

 

有力馬分析

8月9日23時時点の単勝予想オッズ(ネット競馬)

1番人気 サトノルークス      2.4倍
2番人気 ランブリングアレー 3.2倍
3番人気 サマーセント        7.7倍
4番人気 サトノガーネット  8.9倍
5番人気 ノーブルマーズ  11.6倍

 

 

◎サトノルークス

前走の鳴尾記念8着からの参戦ですが、その前走が見せ場無く終わった感あります。

追い切り内容を見ても、ほぼ仕上がっている感じもありましたので、大きな上積みは疑問があります。

現時点では「危険な人気馬」の評価です。

 

 

ランブリングアレー

今年に入って4戦3勝の上がり馬。

前走の垂水Sでは1000M通過58.4秒のハイペースの中3番手での競馬で、最後まで脚色衰える事無く、着差以上に強い競馬。

勢いは無視できない。

 

 

◎サマーセント

前走マーメイドS勝ち馬

ただ斤量50kgの軽ハンデだったことは大きかった。

今回どれだけ斤量を背負わされるか。

53kg以上なら静観予定

 

 

 

◎サトノガーネット

これまで戦ってきたメンツに比べて、相手関係は楽になります。

ただ、追い込み脚質なので、小倉記念に合うかと言われたらNO!

 

 

 

◎ノーブルマーズ

これまで43戦して、2桁着順になったのは、一昨年のJC13着の1回のみでしたが、

前走の七夕賞では、道悪が応えたのか13着と大きく負けました。

これまでに無い負け方だったので、一度様子見が必要。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。