競馬ブログ

【函館記念2020】予想① 荒れるレース波乱診断 過去10年で7回3連単10万超え!!

荒れ戦です。

今回は7月19日に行われる函館記念2020の予想として

・荒れるレース波乱診断

を行っていきたいと思います。

 

人気が予想されるのは、レイエンダ、ニシノデイジーあたりが予想されます。

ただ、2頭とも近走ムラのある走りをしており、安定感にかけます。

この馬が人気を集めるとなると、当然荒れる気配が高いレースと言っても良いでしょう。

今週もまずは荒れるレース波乱診断から全頭追い切り診断を行い、勝負レースとするかどうか判断していきたいと思います。

 

 

3連単10万超勝負レース(デモ)結果報告

所持金では無くデモ金 30万

 

①七夕賞 当たり

軸馬 クレッシェンドラヴ 1着

3連単配当 111,330円

3連単10万~100万のオッズ取得数 400点

111,330円-40,000円=71,330円

 

デモ金残 371,330円

 

 

 

荒れるレース波乱診断

それでは、過去10年の函館記念および函館芝2000mの傾向をデータを使って分析していきたいと思います。

 

函館記念 3連単配当傾向

過去10年で3連単10万超えは7回。

非常に荒れやすい傾向のレースと言って良いでしょう。

 

 

 

函館記念馬番・脚質傾向

◎馬番別3着内回数

・内枠(1番~6番)  16回
・中枠(7番~12番)   9回
・外枠(13番~16番) 5回

内枠に良績が集中しております。

 

◎脚質別3着内回数

()内は通過順4コーナー時の位置

・逃げ(1)   6回
・先行(2~6)  16回
・差し(7~12)   8回
・追込(13~16) 2回

先行馬の活躍が目立ちます。

 

 

 

函館記念 斤量傾向

あまり目立った傾向はありません。

 

 

 

函館芝2000m3連単配当傾向

※16頭立てで抽出しています。

3連単10万超している率は37.6%

平均配当は20万

数値としてはまずまずの数値ですが、3連単10万超確率が40%未満なので、特別荒れやすいコースとは言えません。

 

 

 

函館芝2000m馬番傾向

大外16番以外はそこまで、有利不利は感じられません。

 

 

 

脚質傾向

逃げ、先行馬の活躍が目立ちますが、マクリができる馬がいたら、要注意です。

 

 

 

まとめ

函館記念および函館芝2000mの傾向を確認しました。

傾向を簡単にまとめますと

・過去10年で3連単10万超は7回
・函館記念の内枠(1~6番)の好走率が特別高い
・函館記念の先行馬(4角で2~6番手)が特別高い
・マクル馬の好走が非常に高い

 

過去傾向から、非常に荒れているレースです。

多頭数戦であれば、間違い無く勝負するレースです!

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。