競馬ブログ

【CBC賞2020】予想① 荒れるレース波乱診断

荒れ戦です。

今回は7月5日に行われるCBC賞2020の予想として

・荒れるレース波乱診断

を行っていきたいと思います。

 

注目は高松宮記念を勝利(降着4着)したクリノガウディー

斤量58kgと背負わされてしまいましたが、ダイアトニック、グランアレグリアを実質下した実力は、ココでは群を抜いています。

58kgについても、データが後押ししていますので、状態に不安が無ければ、迷わずに軸候補にしていきたいと思っています。

後は人気薄の馬の状態も見ながら、荒れる雰囲気があるかどうか、週末まで見定めていきたいと思います。

 

 

3連複多点買い結果報告

全4戦中4敗

-25,000円

宝塚記念 軸馬サートゥルナーリア 4着

パラダイスS 軸馬アンリミット 4着

 

計ったかの様に複勝圏を外しています。

本当に情けない結果です・・・が!

全4戦ともに、3連複万馬券のレースと言うことで、勝負するレースは間違っていません!あとは「軸馬が嵌れば」と言ったところなので、精度を上げて行きたいところです!

 

 

 

荒れるレース波乱診断

それでは、過去10年のCBC賞および中京芝1200mの傾向をデータを使って分析していきたいと思います。

 

CBC賞 3連複配当傾向

過去10年で3連複1万超えは6回。

まずまず荒れる傾向のレースと言って良いでしょう。

 

 

 

CBC賞馬番・脚質傾向

◎馬番別3着内回数

・内枠(1番~6番)  9回
・中枠(7番~12番) 14回
・外枠(13番~16番) 7回

内の馬より中~外が有利な傾向となっています。

 

◎脚質別3着内回数

()内は通過順4コーナー時の位置

・逃げ(1)   6回
・先行(2~6)  9回
・差し(7~12)13回 
・追込(13~16)2回

差し馬の活躍が目立ちます。

 

 

 

CBC賞斤量傾向

57.5kg以上の戦績が最も良いです。

 

 

 

中京芝1200m3連複配当傾向

※16~18頭立てで抽出しています。

3連複1万超している率は52.0%

平均配当は4万2千円

 

2回に1回3連複1万超えは高い数値と言えます。

 

 

 

中京芝1200m馬番傾向

内・外の差はありません。

 

 

 

脚質傾向

逃げ先行馬の好走率が、他の芝1200m戦に比べ低くなっています。

差し馬の活躍が目立ちます。

 

 

 

まとめ

CBC賞および中京芝1200mの傾向を確認しました。

傾向を簡単にまとめますと

・過去10年で3連単10万超は6回
・中京芝1200mの3連複1万超えは52.0%
・内外の有利不利は無し
・差し馬の活躍が目立つ
・重い斤量の活躍が目立つ

 

クリノガウディーの好走を後押ししているかのような結果となりました。

ハンデ戦と言うことで、予想も難しくなりますが、荒れ戦理論でシッカリ予想して、勝負するかどうか含め考えていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。