競馬ブログ

【宝塚記念2020】予想③ 全頭最終追い切り調教診断(後編) 

荒れ戦です。

今回は6月28日(日)に行われる、G1宝塚記念2020の予想として

全頭最終追い切り調教診断(後編)

を行っていきたいと思います。

今回追い切り調教診断を行う馬は下記の9頭です

 


5枠10番 メイショウテンゲン
6枠11番 ラッキーライラック
6枠12番 モズベッロ
7枠13番 ダンビュライト
7枠14番 キセキ
7枠15番 スティッフェリオ
8枠16番 クロノジェネシス
8枠17番 カデナ
8枠18番 ブラストワンピース

 

 

本日は追い切り評価2本立て!

前編では、サートゥルナーリヤとトーセンスーリヤが追い切り評価98点と高い評価としました。

後編ではラッキーライラック、クロノジェネシス、ブラストワンピースなど有力馬の診断を行っていきます。

穴馬達も動き良く、荒れそうな雰囲気は結構感じています。

日曜日が待ちどおしい反面、これが終わってしまうとG1は約3ヶ月無いため、さみしい気持ちになりますね・・・多分。

レースまで残り3日、宝塚記念予想~本番まで存分に楽しみましょう!

 

 

 

最終追い切り調教診断(後編)

5枠10番 メイショウテンゲン

(追い切り評価91点)

今回

最終
CW良 82.3-66.5-52.2-38.6-12.2 強め

一週前
CW良 84.5-68.3-52.9-39.2-12.3 馬なり

前回(天皇賞春8着時)

最終
CW良 69.6-53.3-38.7-12.0 仕掛け

一週前
CW稍 80.5-65.5-51.7-38.2-12.3 一杯

 

追い切り考察

最終はCWコース単走で追い切りました。

前走から大きく変わった印象はありません。

良くて現状維持と判断します。

 

 

 

6枠11番 ラッキーライラック

(追い切り評価98点)

今回

最終
CW良 82.8-66.9-52.1-38.3-11.4 馬なり

一週前
CW良 78.7-63.2-49.6-37.0-11.8 強め

前回(大阪杯1着時)

最終
CW良 81.7-66.0-51.8-38.4-12.6 仕掛け

一週前
CW良 80.2-65.0-51.6-38.2-12.3 一杯

 

追い切り考察

実質一週前が本追い切りです。

体全体を使った大きなフットワークで、大変素晴らし動きを披露しました。

出来に関してはケチのつけようがありません。

前走以上と判断します。

 

 

 

6枠12番 モズベッロ

(追い切り評価点)

今回

最終
栗坂路良 54.5-38.5-24.1-12.1 強め

一週前
栗坂路良 52.9-37.9-24.6-12.5 強め

前回(天皇賞春7着時)

最終
栗坂路良 53.7-39.0-25.4-13.0 一杯

一週前
栗坂路稍重 53.9-39.6-26.2-13.4 仕掛け

 

追い切り考察

最終、一週前ともに坂路で併せ馬を行いました。

力強い脚捌きで、坂路をグイグイ駆け上がっておりました

時計以上に動きが目立ちました。

阪神の坂、苦にしなさそうですね。

 

 

 

7枠13番 ダンビュライト

(追い切り評価93点)

今回

最終
栗坂路良 51.4-37.4-24.5-12.5 馬なり

一週前
栗坂路良 52.9-38.6-25.5-12.9 馬なり

前回(天皇賞春9着時)

最終
栗坂路良 51.6-37.7-24.9-12.8 馬なり

一週前
栗坂路稍 50.7-37.9-25.5-13.3 一杯

 

追い切り考察

最終、一週前ともに坂路で併せ馬を行いました。

調教駆けする馬で、いつもどおり良い動きを見せております。

大きな変わり身はありませんが、現状維持と判断いたします。

 

 

 

7枠14番 キセキ

(追い切り評価96点)

今回

最終
栗坂路良 51.1-37.4-24.8-12.7 馬なり

一週前
CW良 80.8-64.5-49.4-37.5-11.7 強め

前回(天皇賞春6着時)

最終
CW良 66.1-51.4-38.1-11.9 馬なり

一週前
CW稍 82.3-65.6-51.3-37.9-11.5 仕掛け

 

追い切り考察

一週前はCW単走、最終は坂路単走で追いきりました。

どちらもこの馬らしい、伸びのあるストライドで、状態は大変良い状態にあると見ています。

巻き返しの可能性充分

 

 

 

7枠15番 スティッフェリオ

(追い切り評価91点)

今回

最終
栗坂路良 52.0-38.0-25.1-13.0 強め

一週前
CW良 84.4-67.6-52.6-38.7-12.0 馬なり

前回(天皇賞春2着時)

最終
栗坂路良 52.5-38.7-25.6-13.1 仕掛け

一週前
CW稍 79.4-64.2-50.5-38.4-13.0 一杯

 

追い切り考察

前走がメイチ感ある仕上げに感じたため、今回は多少物足り無さがあります。

 

 

 

 

8枠16番 クロノジェネシス

(追い切り評価93点)

今回

最終
CW良 82.2-66.2-51.5-37.8-11.8 馬なり

一週前
CW良 81.0-65.5-51.8-37.7-11.9 馬なり

前回(大阪杯2着時)

最終
CW良 68.7-52.2-37.3-11.6 馬なり

一週前
CW良 79.8-63.7-49.3-36.5-11.6 馬なり

 

追い切り考察

最終、一週前ともにCWコースで併せ馬を行いました。

前走時に比べて、動きに躍動感が物足りない印象があります。

今回は多少割引します。

 

 

 

8枠17番 カデナ

(追い切り評価93点)

今回

最終
栗坂路良 53.1-38.1-24.9-12.6 強め

一週前
栗坂路良 51.6-37.7-12.9 一杯

前回(大阪杯4着時)

最終
栗坂路良 52.9-38.2-25.2-12.8 一杯

一週前
栗坂路良 53.6-38.5-25.1-12.8 一杯

 

追い切り考察

2周続けて坂路で追い切りました。

あまり動き自体はよく見えませんでした。

ただ、前走時の内容もあまり良く見えないで好走しておりますので、前走時から現状維持と判断します、

 

 

 

8枠18番 ブラストワンピース

(追い切り評価97点)

今回

最終
南W稍 68.1-52.1-37.6-12.1 馬なり

一週前
南W良 79.8-64.8-50.9-36.6-12.0 強め

前回(大阪杯7着時)

最終
南W良 52.6-38.1-12.0 馬なり

一週前
南W良 81.5-66.0-50.5-36.5-12.1 一杯

 

追い切り考察

最終、一週前ともにWコースで併せ馬を行いました。

弾むようなフットワークで大変素晴らしい動きを見せておりました。出来に関しては前走以上の出来にあると思います。

 

 

 

 

まとめ

馬番10~18番の馬の追い切り診断を行いました。

特に良かった馬

ラッキーライラック

キセキ 

ブラストワンピース

 

この3頭を取り上げます。

穴馬トーセンスーリヤが人気薄ですが、大変素晴らしい動きを見せております。

 

荒れる気配充分です!

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。