競馬ブログ

【宝塚記念2020】予想② 最終追い切り調教診断(前編) サートゥルナーリヤ&トーセンスーリヤ追い切り評価98点!

荒れ戦です。

今回は6月28日(日)に行われる、G1宝塚記念2020の予想として

全頭最終追い切り調教診断(前編)

を行っていきたいと思います。

今回追い切り調教診断を行う馬は下記の9頭です

 

1枠1番 トーセンカンビーナ
1枠2番 ペルシアンナイト
2枠3番 グローリーヴェイズ
2枠4番 アフリカンゴールド
3枠5番 サートゥルナーリア
3枠6番 トーセンスーリヤ
4枠7番 ワグネリアン
4枠8番 レッドジェニアル
5枠9番 アドマイヤアルバ

 

出走頭数18頭

登録馬全頭が出走してきました。

やはりフルゲート戦となると、紛れも生じる可能性が高くなるため、荒れ戦的には俄然やる気が出てきました!

まずは、しっかり全頭見ていき「軸指定候補馬」「穴注目馬」を探したいと思います!

 

 

 

最終追い切り調教診断(前編)

1枠1番 トーセンカンビーナ

(追い切り評価93点)

今回

最終
栗坂路良 52.8-38.1-24.3-12.1 馬なり

一週前
CW良 83.9-67.6-52.6-38.8-11.8 馬なり

前回(天皇賞春5着時)

最終
栗坂路良 55.3-39.9-25.4-12.3 馬なり

一週前
CW稍重 86.0-69.7-54.2-39.5-11.4 馬なり

 

追い切り考察

最終は坂路コースで併せ馬を行いました。

力み無く、馬なりで好時計をマーク。

体調良さそうです。

 

 

 

1枠2番 ペルシアンナイト

(追い切り評価93点)

今回

最終
CW良 83.1-66.5-51.1-38.0-11.5 馬なり

前回(安田記念9着時)

最終
CW良 67.0-51.9-38.8-11.8 仕掛け

一週前
CW良 81.7-66.1-51.7-37.1-11.6 馬なり

 

追い切り考察

最終はCWコースで併せ馬を行いました。

前走同様に力強さを感じさせる走りで、この馬なりに体調は良いと判断します。

 

 

2枠3番 グローリーヴェイズ

(追い切り評価96点)

今回

最終
南W稍重 65.2-50.6-37.2-12.3 馬なり

一週前
南W良 65.3-50.3-37.2-11.9 一杯

前回(京都大賞典6着時)

最終
南W良 66.2-51.3-38.7-12.4 馬なり 

一週前
南W良 66.0-51.4-37.7-12.3 一杯

 

追い切り考察

最終はWコースで併せ馬を行いました。

一週前に一杯に追いきっているため、先週に比べ楽な手応えで好時計をマーク

重心の低い走りで、また力強さも感じます。

ドバイレース中止の影響は感じられません。

大変良い出来と判断します。

 

 

 

2枠4番 アフリカンゴールド

(追い切り評価92点)

今回

最終
CW良 80.9-65.2-51.4-38.6-12.5 強め

一週前
CW良 80.9-65.5-51.5-38.4-12.4 一杯

前回(目黒記念11着時)

最終
CW良 80.8-65.0-51.2-38.2-11.9 一杯

 

追い切り考察

一週前、最終ともにCWコース単走で追い切られました。

全体的に好時計ですが、調教駆けする馬で、常にこのぐらい走る馬です。

過去時と比較しても大きな差は感じられません。

現状維持。

 

 

 

3枠5番 サートゥルナーリア

(追い切り評価98点)

今回

最終
栗坂路良 51.3-36.8-23.9-12.2 馬なり

一週前
CW良 79.8-64.5-50.1-37.2-11.2 馬なり

前回(金鯱賞1着時)

最終
栗坂路重 49.8-36.4-24.2-12.3 馬なり 

一週前
CW良 82.9-66.1-50.9-37.3-11.3 一杯

 

追い切り考察

一週前はCWコースで併せ馬

最終は坂路コース単走で追い切りました。

実質CWコースが実質の本追い切り

全体時計早い中、ラスト1F11.2は搭載エンジンが違いますね・・・。

走りから早さを感じませんが、この時計が出ていると言うことは

力み無く走っている証拠。

状態は9割5分以上と見ています。

 

 

 

3枠6番 トーセンスーリヤ

(追い切り評価98点)

今回

最終
南W稍 64.7-49.9-37.2-12.3 強め

一週前
南W良 63.8-50.4-37.6-12.0 一杯

前回(新潟大賞典1着時)

最終
南W稍 68.7-52.9-38.0-12.0 一杯 

一週前
南W稍 72.9-56.6-42.8-13.4 馬なり

 

追い切り考察

一週前、最終ともにWコース単走で追い切りました。

メチャクチャ良いです。

躍動感半端なし。力強さも半端なし。

見ていて惚れ惚れする動きです!

穴馬として大注目!

 

 

 

4枠7番 ワグネリアン

(追い切り評価93点)

今回

最終
栗芝稍 66.2-50.5-36.4-11.6 馬なり

一週前
CW良 81.7-64.0-49.4-36.6-11.7 強め

前回(大阪杯5着時)

最終
栗坂路良 54.6-39.7-26.0-12.9 馬なり

一週前
DP良 77.3-62.7-48.9-35.7-11.3 一杯

 

追い切り考察

一週前はCWで併せ馬

最終は芝コース単走で追い切られました。

時計も上々で決して悪くはありません。

ただ、一週前ラスト僚馬に手応えで見劣っていたの書きになります。

全体的に「これだ!」というのがありません。

ただ悪くはありません。

 

 

 

4枠8番 レッドジェニアル

(追い切り評価92点)

今回

最終
CW良 80.9-65.8-51.3-38.1-12.1 馬なり

一週前
CW良 83.7-66.8-51.2-37.6-11.9 馬なり

前回(着時)

最終
CW良 81.1-65.6-51.2-37.9-11.8 馬なり 

一週前
CW良 82.4-65.7-50.7-36.7-11.9 一杯

 

追い切り考察

最終、一週前ともにCWコース併せ馬を行いました。

悪くはありませんが、特別良いわけでもありません。

調教駆けする馬で、いつもどりと判断します。

 

 

 

5枠9番 アドマイヤアルバ

(追い切り評価点)

今回

最終
CW良 84.0-67.0-52.0-38.2-11.9 馬なり

一週前
CW良 80.6-63.8-48.7-36.1-12.3 馬なり

前回(メトロポリタンS8着時)

最終
CW良 81.5-65.3-51.0-37.6-12.2 馬なり

 

追い切り考察

最終は軽めの内容でしたが、一週前の動きがいつもと様子が違いますね。

前半飛ばして、ラスト1F12.3秒でまとめています。

昨年9月ポートアイランドS時の一週前で

CW良 79.4-65.4-52.8-39.2-14.3 一杯

ラストはバタバタの状態でしたが、今回は馬なりで余力あり。

近走の成績から、全く押せる成績ではありませんが、状態は間違いなく良いです。激走も0ではありません。

 

 

 

まとめ

馬番1~9番の馬の追い切り診断を行いました。

特に良かった馬

サートゥルナーリア

トーセンスーリヤ

この2頭はダントツに良かったです。

 

荒れる気配充分です!

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。