競馬ブログ

【宝塚記念2020】予想① 全頭考察 ~サートゥルナーリアの過大評価に注意~

荒れ戦です。

本日は宝塚記念2020の予想として

全頭考察

を行っていきたいと思います。

季節的に雨が多い時期なので、日曜日の馬場状況が気になる所ではありますが、良馬場前提で行っていきたいと思います。

 

 

全頭考察

 

アドマイヤアルバ

2年前の日本ダービーで最後方から上がり最速の脚を使って、0.5秒差の9着以降、全く見せ場が無く2年を経過。

OP戦でも2桁着順が多く、このメンバーで通用する可能性は限りなく低いと見る。

 

 

 

アフリカンゴールド

G2戦で力が通用していない現状、この馬も厳しいところだが、先行脚質でもあり、持久力戦になれば幾らか可能性は感じる。

 

 

 

カデナ

一時期のスランプを完全に脱出

前走の大阪杯も先行勢が上位独占した中で、最後方から上がり最速でワグネリアンに先着しての4着。

ペースが流れたら通用する余地は充分。

 

 

キセキ

ここ2走凡走をしているが、この2走、スタンド前で掛かっている状況から、馬が「もう1周あるの間違った」感があります。

今回はスタートまもなく正面スタンド前を通過するので、近2走の様な掛かる心配は無いのではと見ています。

強力な逃げ馬もいないので、マイペースで逃げられたら勝機も充分あるのではと見ています。

 

 

 

クロノジェネシス

前走の大阪杯は先行集団につけ、ほぼラッキーライラックと併走しながら道中走っていました。

ラッキーライラックとの差は内、外のコース差程度。

勝ちに等しいレース内容といえます。

何度も書いていますが、牡馬、牝馬の2kg差は、現在の競馬では牝馬に大きなアドバンテージです。

力差が拮抗している場合は、やはり斤量面が有利な牝馬を選択したくなります。

 

 

 

グローリーヴェイズ

前走の香港ヴァーズではラッキーライラックに0.6秒差をつけての完勝。

4コーナーでの手応え

直線追われてからの反応

力の差を感じさせる完勝劇でした。

「距離が短くなってどうか」気になっている方もおりますが、3歳戦時の佐渡Sでは2000mを1.56.6で勝利しており、高速馬場にも対応できる走りを見せております。

ネット競馬の単勝オッズでは単勝19倍の5番人気

期待値激高な馬だと率直に感じます。

 

 

 

サートゥルナーリア

1周前追い切りで

CW良 79.8-64.5-50.1-37.2-11.2 馬なり

全体時計が早い中、馬なりでラスト1F11.2は大変素晴らしい内容といえます。

ただ、この馬に絶対の信頼があるかとなると「疑問」があります。

前走の金鯱賞は明らかにメンバーが落ち、勝って当然のレース。

「人気になりすぎるなら、嫌いたい1頭」

と評価します。

 

 

 

スティッフェリオ

天皇賞春では先行策であわやの2着

近2走素晴らしい走りを見せております。

持久力戦になれば、前走の再現もあり

 

 

 

ダンビュライト

ジャパンカップは道悪

天皇賞春は距離

芝2200m戦はもっとも得意としている距離、そして先行脚質。

全くの軽視は禁物の馬です。

 

 

 

トーセンカンビーナ

出遅れ癖が気になる所ですが、芝2200m前後で良績が集中しています。好スタートが条件ですが、ポンとスタートを切れた場合には、一気に期待が膨らみます。

 

 

 

トーセンスーリヤ

昨年12月から地力強化

5月に行われた新潟大賞典で見事重賞初勝利

好位から直線抜け出して2着に1馬身半差をつけての勝利ということで、完勝といっても良い内容。

今回一気に相手強化ということで楽では無いが、こういう馬の好走も視野に考える必要があると考えています。

 

 

 

ブラストワンピース

「勝つか」「負けるか」

2、3着が無い珍しい馬。

この馬の戦績を見てみると、休み明けは【3.0.0.1】に対し、2走目【0.0.0.4】と休み明けの方が滅法走る馬です。

今回は休み明けなので、今回は好走するパターンか?

 

 

 

ペルシアンナイト

前走の安田記念では、追い切り内容も良く穴候補としていましたが、9着に敗戦。

3~4歳時の戦績からは最近は物足りない印象があります。

今回はあまり評価しない予定です。

 

 

 

メイショウテンゲン

3歳時中距離戦を使っていましたが通用せず、ステイヤーズSを使ったところ好走

以降はステイヤーとして、好走している馬です。

追い込み脚質なので、魅力は感じません。

 

 

 

 

モズベッロ

天皇賞春では通用しませんでしたが、どちらかと言うと中距離馬

2200mは適正バッチリに感じており、好走の可能性も充分ある馬と見ています。

 

 

 

ラッキーライラック

2歳時に4連勝

3歳春時は好走するも2歳時の輝きが無かったため「早熟馬」と思っていたところ、エリザベス女王杯、大阪杯とG1を2勝

リスグラシューを彷彿させる馬です。

最近牝馬の成長曲線はこのような馬が多い傾向があります。

安定感はこの馬が一番と評価します。

 

 

 

レッドジェニアル

追い込み脚質時点で減点材料

穴で狙うなら先行馬

 

 

 

ワグネリアン

1周前CW良

81.7-64.0-49.4-36.6-11.7 強め

素晴らしい動きを見せていました。

この馬も大きく負けないが、好走どまりの傾向が続いています。

「力を出し切るが、通用していない」ところが見えます。

あと1歩です。

 

 

 

まとめ

 

全頭考察しました。

現時点で考えていることは

人気薄の追い込み馬は消し」

「人気薄の先行馬は抑える」

「サートゥルナーリアは過大評価は禁物」

「キセキは距離短縮してビッグチャンス」

「グローリヴェイズ、香港の競馬を見て人気が無いなら、期待値激高」

 

こんな感じです。

明日、明後日に最終追い切り診断を行っていきますので、引き続き宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。