競馬ブログ

【函館スプリントS】予想① 荒れるレース波乱診断と有力馬考察

荒れ戦です。

本日は

・マーメイドS3連複1万超勝負レースの結果

・函館スプリントS荒れるレース波乱診断

・函館スプリントS有力馬考察

を行っていきたいと思います。

 

今週の重賞は東京ダート1600m戦のユニコーンS。函館芝1200m戦の函館スプリントS。

ダート戦については、基本的に芝コースに比べ荒れにくい傾向にあります。

私のブログではダート戦に関しては基本的に静観です。

3連複1万超勝負レースについては、函館スプリントSもしくは日曜日に行われる東京芝10Rの多摩川Sで考えております。

勝負するかどうか、ジックリ1週間かけて予想していきたいと思います!

 

 

 

マーメイドS3連複1万超勝負レース結果

所持金 50,000円

掛け金 8,900円(負け)

差し引き 41,100円

 

軸指定はミスマンマミーア

日曜日は終日雨予報で確率が80%となっていたため、不良もしくは重馬場での開催を見込んで、道悪巧者のミスマンマミーアを軸指定。

結局当日は雨が降らず、レースは稍重で行われ、ミスマンマミーアは見せ場無く9着と敗戦。

雨予報80%を鵜呑みにした事を反省しています・・・。

雨降るか微妙な時は、当日twitterで予想公開に切り替える事にします。

 

 

函館スプリントS荒れるレース波乱診断

 

まずは過去10年のデータから函館スプリントSおよび函館芝1200m戦について見ていきましょう。

 

函館スプリントS 配当傾向

3連複1万超は10回中7回と、荒れる傾向が強い重賞レースとなっております。

 

 

 

函館スプリントS 馬番・脚質傾向

馬番傾向

3着内回数

馬番 1~6番 15回

馬番 7~11番 9回

馬番 12~16番 6回

外枠不利は明らかです。

 

脚質傾向

4角1~6番手 21頭

4角7~11番手 5頭

4角12~16番手 4頭

4角で先行集団にいないと厳しいですね。

 

 

 

函館芝1200m 3連複配当傾向

3連複1万超え確率 53.6% 

全コース平均で38%台なので、高い数値と言えます。

 

 

函館芝1200m 馬番傾向

函館スプリントSの傾向同様、内の馬の活躍が目立ちます。

 

 

 

函館芝1200m 脚質傾向

逃げ先行馬の活躍が目立ちます。

 

 

 

まとめ

函館スプリントSおよび函館芝1200m戦の傾向を確認しました。

まとめますと

・函館芝1200m戦3連複1万超え確率は53.6%と荒れる傾向が強い
・内の馬の活躍が目立つ
・逃げ先行馬に逆らってはいけない

この3つは抑えておいた方がよさそうですね。

 

 

 

函館スプリントS有力馬考察

 

ダイアトニック

高松宮記念では、直線進路が狭くなり一瞬ブレーキをかけ、その後追撃するも0.0秒差の3着。

不利が無ければ、勝っていたのはこの馬だったと思わせる内容でした。

今回は斤量58kgでの出走になりますが、函館スプリントSの斤量傾向は

57.5kg~59kgの戦績が素晴らし数字を収めております。

単・複の回収率も大変高く「斤量が重い=過大に評価を下げている」傾向にあるみたいです。

評価が下がるのであれば、狙い目と言ってもよいですね。

状態をチェックして判断していきたいと思います!

 

 

 

シヴァージ

高松宮記念ではグランアレグリアと同じ上がり3F33.1秒の脚で5着に好走。

スプリント戦線では相当の能力の持ち主です。

洋芝も合いそうなイメージもあります。

状態&枠配置次第で、重い印し候補です。

 

 

 

フィアーノロマーノ

1400m~1600m中心にレースを使われております。

1200m戦は初参戦です。

能力的に通用する可能性は充分にありますが、ただ、やはり適距離は1400m~1600mの馬だと思います。

あまり重い印は考えていません。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。