競馬ブログ

【鳴尾記念2020】最終予想 印し付き有力馬考察

荒れ戦です。

今回は鳴尾記念2020の予想として

・展開予想
・印し付き有力馬考

を行っていきたいと思います。

 

まずは前日23時時点の単勝オッズを見てみましょう

1番人気 ラヴズオンリーユー 2.1倍
2番人気 レッドガラン    5.9倍
3番人気 サトノルークス   7.1倍
4番人気 レッドジェニアル  11.9倍
5番人気 エアウィンザー   13.2倍

 

ラヴズオンリーユーが人気を集めております。

ヴィクトリアマイルを負けての次走先として、鳴尾記念を選択した真意が不明です。

状態をシッカリ確認して評価します。

 

 

 

展開予想

逃げ馬はキメラヴェリテ

過去2走の傾向から、この馬が行くことが想定されます。

先行勢はサトノフェイバーやブラックスピネル、ドミナートゥス、サイモンラムセスと多く、開幕馬場ということもあり、ペースは前傾ラップとなることが予想されますが、

ただ、人気のラヴズオンリーユーがどのあたりで進出するか、道中息が入るか次第で「ペースが速くても前残り」という事も充分に考えられます。

やはり開幕馬場なので「先行・内有利」と予想します。

 

 

 

印し付き有力馬考察

 

◎ レッドジェニアル

(追い切り評価97点)

前走の大阪杯では、好位での競馬でしたが、力及ばずの8着という結果に終わりました。

ただ、勝ち馬から0.7秒差で相手関係を考えたら悲観する必要も無いと見ています。

状態に関しては、3週続けてCWコースで好タイム

最終追い切りの動きを確認しましたが、全体時計早いながらも、馬なりで楽に僚馬に先着。

大変良い状態にあると判断します。

 

 

 

 

○ ラヴズオンリーユー

(追い切り評価91点)

実力的は2枚くらい上の存在です。

私個人の考えでは「宝塚記念で狙っていた馬」だっただけに、鳴尾記念の参戦は残念というよりショックがありました。

今回2番手評価とした理由は

「参戦の真意が不明であること」

「追い切りが非常に軽かったこと」

この2点にあります。

ヴィクトリアマイルから安田記念へ参戦する、アーモンドアイ、ノームコアは分ります。

これだけの馬が、なぜ中2週でG3の鳴尾記念を使うのか。

そしてヴィクトリアマイル時陣営からコメントがあった、「ドバイ遠征の疲れ」があったのに、なぜ中2週で参戦してくるのか。

オーナーがDMMドリームクラブと言うことで、オーナーサイドの思惑なのでしょうが・・・。

追い切り内容も、終い脚を伸ばす程度の内容で、無理にレースに合わせてきている感があります。

状態が良いと判断は出来ませんでした。

普通の状態での参戦であれば、ダントツの◎ですが、今回は評価を落とします。

 

 

 

▲ サトノルークス

(追い切り評価95点)

菊花賞から7ヶ月半の休み明けですが、2週前、1週前CWコースで一杯に追い切り、好時計でシッカリ負荷をかけました。

最終はCWで3頭併せで僚馬ペルシアンナイトに遅れましたが、上々の気配で休み明けですが、9割がた仕上がっているものと思われます。

菊花賞では外々での競馬で、勝ち馬とは位置取りの差で負けた感はありましたが、3歳春クラシックの大敗時から大きく成長を感じさせる内容でした。

阪神コースは【2.1.0.0】と相性の良いコースです。

充分勝ち負け可能と見ています。

 

 

 

以下

△エアウィンザー

前走叩いて状態大幅に上向き

 

△レッドガラン

阪神コース【4.0.0.2】と全5勝の内、4勝阪神コース

追い切り内容も引き続き良く、体調良い。

 

 

 

最後に推奨穴馬をコチラで紹介します↓

F馬人気ブログランキング

(追い切り評価97点)

2週前にCW良

79.4-64.1-50.1-36.9-11.7 馬なり

最終追い切りではCWコースで

80.5-64.3-49.8-36.6-11.8 馬なり

と好時計で駆けています。

馬なりながらも、キビキビした動きで体調は非常に良く感じました。

この馬の魅力は

「好走・凡走の波が激しい」ことにあります。

あてに出来ない理由から、オッズは低いですが実力はあります。

開幕馬場で先行力も魅力なので、穴馬としての資質は充分です。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。