競馬ブログ

【安田記念2020】予想① 荒れるレース波乱診断と有力馬考察 ~アーモンドアイに不安あり~

荒れ戦です。

今回は6月7日に行われる安田記念2020の予想として

・荒れるレース波乱診断

・アーモンドアイ他2頭の考察

を行っていきたいと思います。

 

注目はアーモンドアイ

ヴィクトリアマイルで、これまでで一番と言っても良いぐらいのパフォーマンスを見せましたが、ただ、中2週での競馬と言うことで、「疲れ」が心配です。

「レースで殆ど追われていないから疲れは無い。調教みたいなもの」という見方ですが、1600mを1.30.6で走っているため、調教と同じという事は絶対にありません。

怪我が無いことを本当に願うばかりです。

 

いずれにしても超豪華メンバーの一戦。

シッカリ予想して当てたい所ですね。

 

 

 

荒れるレース波乱診断

それでは、過去10年の安田記念および東京芝1600mの傾向をデータを使って分析していきたいと思います。

 

安田記念 3連単配当傾向

過去10年で3連単10万超えは7回。

非常に荒れる傾向の強いレースと言って良いでしょう。

 

 

 

安田記念馬番・脚質傾向

◎馬番別3着内回数

・内枠(1番~6番) 13回
・中枠(7番~12番) 10回
・外枠(13番~18番) 7回

内の馬が有利な傾向となっています。

 

◎脚質別3着内回数

()内は通過順4コーナー時の位置

・逃げ(1)   3回
・先行(2~6)  8回
・差し(7~12)12回 
・追込(13~18)7回

差し馬の活躍が目立ちますね。

 

 

 

東京芝1600m3連単配当傾向

※フルゲート18頭で抽出しています。

3連単10万超している率は35.9%

平均配当は32万4千円

 

10万超え35.9%の率は平均的と言えますが

100万超えの大荒れが多いため、平均配当が高くなっています。

やはり、荒れやすい傾向のコースと言って良いでしょう。

 

 

 

東京芝1600m馬番傾向

内・外の差はありません。

 

 

 

脚質傾向

逃げ馬の単回収、複回収値が高くなっています。

人気薄の逃げ馬に注意が必要です。

 

 

 

まとめ

安田記念および東京芝1600mの傾向を確認しました。

傾向を簡単にまとめますと

・過去10年で3連単10万超は7回
・東京芝1600m内外の有利不利無し
・安田記念は内の馬が活躍
・差し馬の活躍が目立つ

 

 

 

有力馬考察

アーモンドアイ

冒頭にもふれましたが、前走のヴィクトリアマイルは、この馬のポテンシャルをまざまざと見せつけた内容となりました。

6枠12番から好スタートを決め、4番手で競馬を進め、最後の直線はステッキを入れず軽く追う程度で2着と4馬身差をつける内容。

全く文句のつけようが無い内容です。

懸念事項として一点気になるのは、殆ど追っていないと言っても、1.30.6の好時計で走っているため「疲れ」が心配されます。

その点については、追い切り内容を確認して最終予想で判断していきたいと思います。

 

 

 

インディチャンプ

前走のマイラーズCは貫禄勝ちと言える内容で、余力を残しての勝利。

マイルG12勝の力は充分に示した内容でした。

今年も昨年と同様にマイラーズC→安田記念のローテションにも好感が持てます。

昨年アーモンドアイを負かしている舞台なので、今年も再現の可能性は充分あってもおかしくありません。

 

 

 

A馬人気ブログランキング

前走の高松宮記念では、外から強烈な末脚で3着(降着により2着繰り上がり)

初の芝1200m戦と言うことで、多少の戸惑いはあったものと思われます。

この馬の潜在能力は芝1400~1600m戦に限れば、アーモンドアイと同等の力を有しているのではと思わせる、これまでのレース内容です。

特に2走前の阪神カップは、軽く追われる程度で2着に5馬身差の勝利。

まるでヴィクトリアマイルのアーモンドアイと同じレースぶりです。

内で脚を溜めて強い競馬が出来たのも、今の東京コースでは心強い実績です。

この馬が内枠に入ったのなら、◎候補も考えています。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。