競馬ブログ

【東京優駿日本ダービー2020】予想③ 皐月賞および前哨戦の検証を行いました

こんばんは荒れ戦です。

本日は東京優駿日本ダービー2020の予想として

皐月賞、青葉賞、プリンシバルS、京都新聞杯のレース検証

を行っていきたいと思います。

 

今年のダービーはコントレイルVSサリオスの一騎打ちムードとなっておりますが

昨年のダービーを振り返ってみると、皐月賞が終わった時点で

サートゥルナーリア、ダノンキングリー、ヴェロックスの3強の構図

でしたが、勝ったのは京都新聞杯2着馬で12番人気ロジャーバローズでした。

「必ずしも2頭で決まる」

という考えは持たず、期待値高い馬を探していきたいと思います。

 

 

皐月賞

 

コントレイルとサリオスの強さが際立っていて、ダービーも2頭以外考えられないという雰囲気になっていますが、レースを見た印象としては、コントレイルが勝った要因は福永JKの好騎乗が大きかったものと見ています。

自分の予想としては、コントレイルが1枠1番と言うことで、「包まれたく無く、またホープフルSでも先行した」実績があるため、皐月賞は先行してくるものと予想をしておりましたが、予想を裏切った形となりました。

後方からの競馬でしたが、3コーナーで上手く外に持ち出す事ができ、4コーナーで一気に加速、その流れのままサリオスを競り落としました。

もしも、先行して直線でサリオスとの叩き合いだった場合、「サリオスの方が分があったのでは」と見ております。

 

 

 

青葉賞

 

勝った、オーソリティは怪我のため出走してきませんが、2着ヴァルコスが出走してきます。

この青葉賞の勝ちタイム2.23.0は歴代ダービーの中で2番目に早いタイム

※1番目は昨年ロジャーバローズが出した2.22.6

馬場差やペース等の要素はありますが、1枚落ちると思っていた青葉賞で、このタイムが出た事に多少の驚きがありました。

ヴァルコスはスローペースの中、内に入れる場面があったにも関わらず、外々を回る選択をし、また後方からの競馬で直線しぶとく伸びて2着

「内、先行有利」の馬場を考えても、能力が無ければ2着に持ってこれないものと思われます。

コントレイル、サリオスと好勝負を演じる可能性は充分ありえると見ています。

 

 

 

プリンシバルS

 

皐月賞で14着だったビターエンダーが1着

1枠1番から好スタートを決め、好位3番手を追走

直線では楽な手応えで先頭に立つが、ポタジェの強襲もあり僅差の勝利。

東京コースの相性が良く、また好走条件が重なった印象があります。

ダービーで通用するかは疑問といったところです。

 

 

 

京都新聞杯

 

勝ちタイム2.11.7

最初の1000mは58.3とハイペースでレースが進み、先行していた馬が直線に入った段階で早々に脱落

勝ったのは道中離れた5番手で追走したディープボンド

人気を集めたアドマイヤビルゴとほぼ同じ位置での競馬でした。

4コーナーでアドマイヤビルゴ見ながら競馬を進め

直線残り200mでアドマイヤビルゴを捉え、そのままゴール。

展開および目標馬が近くにいたのも、良かったものと思われます。

ただ、やはり皐月賞でコントレイル、サリオスに大きく負かされた存在。

舞台を変えて通用するかと言われたら、厳しいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

4レースをまとめました。

京都新聞杯、プリンシバルSを勝った馬は、皐月賞で大きく負けたディープポンド、ビターエンダー。

この2レースについては、やはり評価をさげて考える必要があるものと思っています。

青葉賞組のヴァルコスについては、今の東京芝コース好走条件である、「内、先行」では無く、後方から外々を回っての競馬で2着というのは、力があってのものと思われます。

走破時計2.23.0も優秀で、2頭に太刀打ち出来る可能性もあると考えています。

 

最後に、皐月賞組で今の東京コースで面白そうな穴馬を紹介いたします。

 D馬人気ブログランキング

皐月賞では、先行集団には厳しいペースだったと思いますが、しぶとく伸びて好走しました。

オークスではウインマリリン、ウインマイティーが好走しておりますが、今の東京芝コースは「立ち回り上手」な馬が好走する確率が高くなっております。

今の所想定オッズが15番人気と皐月賞で好走しているにも関わらず低評価です。

皐月賞はフロックでは無いと見ていますので、再度の好走を期待しても面白い存在だと思います。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。