競馬ブログ

【目黒記念2020】予想① 荒れるレース波乱診断

荒れ戦です。

今回は5月31日に行われる目黒記念2020の予想として

・荒れるレース波乱診断

を行っていきたいと思います。

 

まずは登録馬(除外対象馬を除く)を見ていきましょう。

ステイフーリッシュ
ミライヘノツバサ
ウラヌスチャーム
タイセイトレイル
メートルダール
アイスバブル
オセアグレイト
キングオブコージ
バラックパリンカ
ボスジラ
ミスマンマミーア
サトノクロニクル
ニシノデイジー
ノーブルマーズ
アフリカンゴールド
ゴールドギア
ミュゼエイリアン
パリンジェネシス

 

 

 

想定人気は次のとおり

1番人気 ステイフーリッシュ 3.8倍
2番人気 タイセイトレイル  4.3倍
3番人気 オセアグレイト   4.8倍
4番人気 ウラヌスチャーム  6.8倍
5番人気 ポスジラ      8.3倍

 

 

低調なメンバー構成で、波乱含みの一戦となりそうです。

まずは、目黒記念が荒れる傾向のレースか見ていきたいと思います。

 

 

 

荒れるレース波乱診断

それでは、過去10年の目黒記念の傾向をデータを使って分析していきたいと思います。

 

目黒記念 3連単配当傾向

過去10年で3連単10万超えは5回。

2回に1回、3連単10万超えしているという事で、まずまずの荒れ具合と言えます。

 

 

 

目黒記念馬番・脚質傾向

◎馬番別3着内回数

・内枠(1番~6番) 13回
・中枠(7番~12番) 12回
・外枠(13番~18番) 5回

内~中の馬が有利な傾向となっています。

 

◎脚質別3着内回数

()内は通過順4コーナー時の位置

・逃げ(1)   1回
・先行(2~6) 12回
・差し(7~12)15回 
・追込(13~18)2回

逃げ馬は苦戦。

先行・差し馬の活躍が目立ちます。

 

 

 

東京芝2500m 3連単配当傾向

※16頭立て以上で抽出しています。

3連単10万超している率は26.7%

平均配当は10万1千円

 

対象レースは、ほぼ目黒記念とアルゼンチン共和国杯になりますが、数値的には荒れていない傾向となります。

ただ、対象レース数が15レースと少ないため、何とも言えません。

 

 

 

東京芝2500m 馬番傾向

内外の有利不利は見られません。

 

 

 

脚質傾向

大体のコースは逃げ馬の数値が高くなりますが、東京芝2400m戦同様に

東京芝2500m戦も逃げ馬は苦戦傾向にあります。

先行、差し馬の活躍が目立ちます。

 

 

 

まとめ

目黒記念および東京芝2500mの傾向を確認しました。

傾向を簡単にまとめますと

・過去10年で3連単10万超は5回
・目黒記念は内~中の馬が有利。
・脚質傾向は先行、差し馬有利

 

となっています。

週中に出走馬全頭の追い切り診断を行い、土曜日に最終見解を行っていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

 

 

 

最後に、現時点で好走率が高いと思われる馬をご紹介したいと思います。

想定11番人気と低評価ですが、近走重賞でも好走が続いております。

重量も56kgと据え置かれ、東京コースにも実績があり

立ち回りが上手い馬で、今の東京コースの好走条件にピッタリ当てはまる馬

オッズ的にも魅力的な一頭です。

 

C馬人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。