競馬ブログ

【東京優駿日本ダービー2020】予想① 荒れるレース波乱診断とコントレイル&サリオス考察

荒れ戦です。

今回は5月31日に行われる東京優駿日本ダービー2020の予想として

・荒れるレース波乱診断

・コントレイル、サリオスの考察

を行っていきたいと思います。

 

注目は何と言っても皐月賞の再戦コントレイルVSサリオス

皐月賞ではコントレイルに軍配が上がりましたが、

サリオスも2段ギアで粘って1/2馬身差と肉薄しました。

後ほどこの2頭については、詳しく考察していきたいと思います。

 

 

 

荒れるレース波乱診断

それでは、過去10年の日本ダービーの傾向をデータを使って分析していきたいと思います。

 

日本ダービー 3連単配当傾向

過去10年で3連単10万超えは5回。

2年前には285万馬券が飛び出しており、以外に荒れております。

 

 

 

日本ダービー馬番・脚質傾向

◎馬番別3着内回数

・内枠(1番~6番) 12回
・中枠(7番~12番) 12回
・外枠(13番~18番) 6回

内の馬が有利な傾向となっています。

 

◎脚質別3着内回数

()内は通過順4コーナー時の位置

・逃げ(1)   2回
・先行(2~6) 13回
・差し(7~12)12回 
・追込(13~18)3回

逃げ馬は苦戦。

先行・差し馬の活躍が目立ちます。

 

 

 

東京芝2400m3連単配当傾向

※フルゲート18頭で抽出しています。

3連単10万超している率は37.6%

平均配当は18万6千円

 

10万超え確率37.6%はまずまずの数値と言えます。

配当もほぼ平均数字と言えます。

 

 

 

東京芝2400m馬番傾向

内枠の馬の方が複勝率、複回値も高くなっています。

今の東京芝を考えたら、やはり内の馬重視の考えは必要です。

 

 

 

脚質傾向

大体のコースは逃げ馬の数値が高くなりますが、東京芝2400m戦に関しては、逃げ馬には厳しいデータです。

先行、差しの活躍が目立ちます。

 

 

 

まとめ

日本ダービーおよび東京芝2400mの傾向を確認しました。

傾向を簡単にまとめますと

・過去10年で3連単10万超は5回
・ダービーは内の馬有利。東京芝2400mも内有利
・脚質傾向は逃げ馬と追い込み馬は苦戦

 

 

 

有力馬考察

コントレイル

まずは皐月賞を振り返って見ます。

自身の予想としてはコントレイルは1枠1番と言うことで包まれる心配があるため

先行してくるものと推測しておりましたが、後方からの競馬となりました。

3・4コーナーで外に持ち出し一気にポジションを上げ、直線ではサリオスとの一騎打ち

3着に3馬身以上の差をつけての決着となりました。

感想としては、コントレイルとサリオスの力が抜けていた事。

そして、結果的に後ろに下げた事が「功を奏した」と見ています。

※4コーナーで一気に加速をつけてサリオスの前に立てた事が、勝利に繋がったものと見ています。

舞台を東京コースに移しますが、東京コースは東京スポーツ杯2歳Sで、衝撃的な勝ち方をしたコースなので、人気を集めて当然ですが、気がかりは今の東京芝コース。

東京芝コースは、オークスの2着に来たウインマリリン、3着に来たウインマイティーいずれも内に入れ先行した馬です。

今の東京コースはその「ビクトリースポット」に入れる馬、立ち回りが上手い馬が好走する確率が高くなっています。

多分そのポジションはサリオスが取る確率が高いです。

コントレイルが後方待機の外差しを決めることが出来るのか、注目しています。

 

 

 

サリオス

皐月賞は好位での競馬で直線で先頭にたつが、大外からコントレイルが一気の追い込みで2着敗戦。

ただサリオスの力も存分に見せたレースで、力差は肉薄しています。

この馬の魅力は何と言っても、「2段ギア」です。

朝日杯FSを見たら分りやすいですが、直線入ってギアを入れ、更に200m付近でもう一段ギアを入れ突き放す。

相当の能力の持ち主だと見ています。

ダービーは距離不安の声がありますが、折り合いがつく馬なので、距離は全く心配していません。

コントレイルの所でも触れましたが、内目を狙える先行脚質なので、今の東京コースを最大限活かせる馬であることは間違いありません。

コントレイルを負かす可能性も充分有ると見ています。

 

 

 

最後に、一週前時点で注目している馬を紹介します。

A馬人気ブログランキング

今年の青葉賞オーソリティの勝ち時計2.23.0はスローペースで出しているタイムで、もっとペースが流れていれば、タイムは短縮できていたものと推測されます。

東京芝コースはまだ高速馬場の状態が続いておりますが

オークスの勝ちタイムはミドルペースで2.24.4と掛かりました。

※10RフリーウェイS芝1400m戦で1.19.7の好時計が出ていましたので、高速馬場であることは変わりなし。

 

別路線組からは、青葉賞組の馬が面白いと思っています。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。