競馬ブログ

【ヴィクトリアマイル2020】予想⑦ 全頭追い切り調教診断(後編)

荒れ戦です。

今回は5月17日(日)に行われる、ヴィクトリアマイルC2020の予想として

最終追い切り調教診断(後編)を行っていきたいと思います。

今回追い切り調教診断を行う馬は下記の10頭です。

 

セラピア
ダノンファンタジー
ディメンシオン
トーセンブレス
トロワゼトワル
ノームコア
ビーチサンバ
プリモシーン
メジェールスー
ラヴズオンリーユー

 

 

今回追い切りする馬の中で注目は、ラヴズオンリーユーです。

ドバイ遠征でレース中止により、改めの作り直しとなった今回、仕上がり具合が注目となっております。

最終追い切りの動きをチェックして、シッカリ評価していきたいと思います。

 

最終追い切り調教診断

 

 

セラビア

(追い切り評価92点)

今回

最終
栗坂路良 51.8-38.2-24.1-12.2 一杯

一週前
栗坂路良 52.6-38.2-24.4-12.3 強め

前回(難破S1着時)

最終
栗坂路良 52.3-37.8-24.0-11.9 強め

一週前
栗坂路良 52.9-38.2-23.8-11.8 G強め

 

【最終追い切り評価】

坂路で併せ馬を行いました。

一週前同様に、「ふらつき」が気になりますが、動き自体は良いです。

出来は前走並み~多少上向きと判断します。

 

【一週前段階評価】

坂路コースで併せ馬を行いました

口向きの悪さが目につき、首の高い走り方から

あまり良い印象がありませんでしたが、時計はそれなりに出しています。

出来に関してはまずまずの出来と見て良さそうです。

 

 

 

 

ダノンファンタジー

(追い切り評価85点)

今回

最終
栗坂路良 57.6-40.7-25.7-12.5 馬なり

一週前
栗坂路良 54.1-39.3-25.4-12.5 馬なり

前回(阪神牝馬S5着時)

最終
栗CW良 62.9-49.1-36.9-11.9 G強め

一週前
栗CW重 80.7-64.0-49.6-37.0-12.2 仕掛

 

【最終追い切り評価】

最終は坂路単走で追い切りました。

一週前同様軽め調整

調教後の馬体重は480kg(前走486kg)

前走が+22kgと多少太め残りはあったかと思いますが

今回、輸送を考えても減り過ぎ。

調整に狂いがあったと判断します。

無印にします。

 

【一週前段階評価】

一週前は坂路単走で追い切りました

これまでは一週前にはCWコースでビッシリ追い切る事が多いが、今回は坂路で軽め

ただ、馬なりで時計は軽めですが、キビキビした動きで出来は良いと見ています。

 

 

 

 

ディメンシオン

(追い切り評価85点)

今回

最終
追い切りを行っていません。

一週前
栗坂路良 56.0-39.5-25.1-12.3 仕掛け

前回(阪神牝馬S3着時)

最終
栗坂路良 52.5-38.2-24.8-12.3 馬なり

一週前
栗坂路良 53.9-38.6-25.0-12.8 一杯

 

【最終追い切り評価】

最終追い切りを行っていません。

日曜日に追い切っているかと思いきや、調教欄に載っていないため、行っていません。

当然消しです。

 

【一週前段階評価】

一週前は坂路で単走

動き自体は良く見えたのですが、前半ゆったり入っているので、ラスト12.3秒は少し物足りない印象がありました

最終追い切りに注目します。

 

 

 

 

トーセンブレス

(追い切り評価90点)

今回

最終
南W良 霧のため計測不能 12.3 馬なり

一週前
南W稍重 71.1-55.9-41.0-12.9 馬なり

前回(武庫川S1着時)

最終
南W良 68.6-53.6-39.8-12.8 馬なり

一週前
南W良 68.8-53.9-39.9-12.8 馬なり

 

【最終追い切り評価】

Wコース単走で追い切りました。

ラストの動きを見る限り、とても素軽い動きを見せておりました。

ただ、全体時計が「早かったのか」、「遅かったのか」が肝心

最初ゆったり入っていたのであれば、当然ラストの動きは良く見えて当然なので、一概に体調が良いと判断するのは早計です。

一週前追い切りだけで判断するのであれば、前走並と判断します。

 

【一週前段階評価】

Wコース単走で追い切りました

普段から馬なりで調整する馬ですが、特に強調する点はありません。

大きく変わった点は感じられませんので、前走並の出来と判断しています。

 

 

 

 

トロワゼトワル

(追い切り評価94点)

今回

最終
栗坂路良 54.4-39.4-25.3-12.3 強め

一週前
栗坂路良 53.0-37.8-24.6-12.1 仕掛け

前回(阪神牝馬S15着時)

最終
栗坂路良 54.0-39.3-25.2-12.2 強め

一週前
栗CW良 81.8-66.2-51.8-38.2-11.9 仕掛

 

【最終追い切り評価】

最終は坂路単走で追い切りました。

一週前は大変良い動きを見せておりましたが、最終は少し案外な内容でした。

単走では走らない馬なのかもしれません。

一週前の動きは大変良かったので、出来は良いと判断して良いでしょう。

 

【一週前段階評価】

坂路で併せ馬を行いました

仕掛けると、反応良く一気に僚馬を引き離し先着

動きに力強さがあり、出来は大変良さそうです

 

 

 

 

ノームコア

(追い切り評価95点)

今回

最終
南W良 霧のため計測不能 11.6 強め

一週前
南W稍重 67.7-52.3-38.4-12.3 一杯

前回(高松宮記念15着時)

最終
南W良 67.6-52.9-39.3-12.7 馬なり

一週前
南W良 67.1-50.9-38.4-12.0 一杯

 

【最終追い切り評価】

最終はWコース単走で追い切りました。

全体時計が分らないと、ラストの動きを評価出来ませんが、中間念入りにWコースで調整が行われており、高松宮記念を叩いた効果は、高いと見ています。

ココを目標にシッカリ作り上げたと判断して良いでしょう。

 

 

 

ビーチサンバ

(追い切り評価96点)

今回

最終
栗CW良 80.5-65.2-50.6-36.8-12.2 馬なり

一週前
栗CW良 81.6-66.0-51.4-37.2-11.6 一杯

前回(阪神牝馬S4着時)

最終
栗坂路良 55.5-40.5-26.4-12.9 馬なり

一週前
栗CW良 82.7-66.9-51.6-37.0-11.7 一杯

 

【最終追い切り評価】

最終はCWコース単走で追い切りました。

一週前は酷評しましたが、今回は「跳ねている」感じのフットワークで体調の良さが伝わった追い切り内容でした。

体調は前走以上と判断します。

 

【一週前段階評価】

CWコースで併せ馬を行いました

一杯に追い切り、全体時計がそれなりに早い中、ラスト1F11.6秒は素晴らしい時計です。

ただ、動き自体前走とあまり変わらない印象がありますので、大きく変わったかは疑問です。

出来は前走並み~多少の上積みの範囲とみます。

 

 

 

 

プリモシーン

(追い切り評価96点)

今回

最終
南W良 82.5-66.6-51.9-38.0-11.4 仕掛け

前回(ダービー郷5着時)

最終
南W良 69.3-54.4-40.1-12.5 馬なり

一週前
南W良 83.2-67.6-53.0-39.2-12.3 馬なり

 

【最終追い切り評価】

最終はWコースで併せ馬を行いました。

全体時計それなりに早い中、ラスト1F11.4秒は特筆できる内容です。

直線軽く仕掛けるだけで、抜群の反応を見せておりました。

出来はメイチに近いと判断してます。

 

 

 

 

メジェールスー

(追い切り評価93点)

今回

最終
栗CW良 51.2-36.5-11.5 馬なり

一週前
栗CW良 53.4-37.8-11.6 馬なり

前回(阪神牝馬S11着時)

最終
栗CW良 51.3-36.7-11.7 馬なり

一週前
栗CW良 55.1-38.8-11.8 仕掛け

 

【最終追い切り評価】

最終はcw単走で追い切りました。

調教駆けする馬で、いつも良い動きを見せております。

今回も馬なりながらも、好時計で駆けており体調は引き続き良好と見ています。

 

【一週前段階評価】

CW単走で追い切りました

調教駆けする馬ですが、手綱を緩めると一気の加速で1F11.6秒

キビキビした動きで大変好感持てる馬です。

実践でももっとやれても良い馬だと思いますが・・・。

出来は引き続き良と見ています。

 

 

 

 

ラヴズオンリーユー

(追い切り評価95点)

今回

最終
栗坂路良 54.8-39.3-25.3-12.4 馬なり

一週前
栗CW良 69.7-53.6-38.6-11.6 仕掛け

前回(エリザベス女王杯3着時)

最終
栗坂路良 55.3-40.5-26.2-13.1 馬なり

一週前
栗CW良 77.0-62.0-48.8-36.5-12.0 一杯

 

【最終追い切り評価】

最終は坂路コース単走で追いきりました。

最終は軽めでしたが、5月10日に

栗CW良 79.3-64.4-50.2-37.2-11.8一杯

と実質の本追い切りを行いました。

陣営は85%と言うが、私は90%程度の出来にあるのではと思っております。

 

【一週前段階評価】

CWで併せ馬を行いました

休み明けですが一週前の内容として正直物足りません

最終でどれだけ負荷をかけるかに注目します。

 

 

まとめ

今回10頭の診断を行いました。

調子が良い馬と、調整が狂った馬とで大きく分かれた結果となりました。

注目していたラヴズオンリーユーは、体調の遅れの声はありましたが、これだけ動けていれば、充分と見ております。

最終追い切りを終え、一番の追い切り内容を見せた馬は

アーモンドアイですが、次によい馬は

コチラ↓

E馬人気ブログランキング

 

穴馬として大変注目を浴びる人気ものです。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。