競馬ブログ

【ヴィクトリアマイル2020】予想⑤ 有力馬考察(スカーレットカラー、ノームコア、コントラチェック)

荒れ戦です。

今回は5月17日(日)に行われる、ヴィクトリアマイルC2020の予想として

スカーレットカラー

ノームコア

コントラチェック

の考察を行っていきたいと思います。

 

今回紹介する3頭はいずれも個性色が強い馬です。

どの馬も一発あってもおかしくない馬なので、シッカリチェックしておく必要があります。

 

 

 

出走予定馬考察

 

スカーレットカラー

【考察】

デビュー当時の馬体重が438kg

前走の阪神牝馬Sでは490kgと52kgも増となっております。

下の画像はデビュー時と前走時の馬体ですが、胸前の筋肉の張りが段違いに大きくなっております。

以前は中距離も走れておりましたが、現在の馬体を見ても分るとおり、マッチョ体型で短距離向きの体つきに変化しております。

エリザベス女王杯、有馬記念と使いましたが、負けて納得です。

前走の阪神牝馬Sは2馬身程度遅れる不利

後方にいながらも、4コーナー抜群の手応えで直線に入りましたが

直線でも窮屈になり追いづらい場面もありましたが2着と好走

「スムーズな競馬が出来ていれば」と思ってしまう内容でした。

ネックは後方脚質の馬なので、今の馬場が合うかという問題がありますが

馬の能力だけを考えれば、「買い」の馬だと思っております。

 

スカーレットカラーデビュー時

 

カーレットカラー阪神牝馬S時

 

 

 

ノームコア

昨年の勝ち馬

東京芝1600m戦は昨年のヴィクトリアマイルと富士Sの2戦で2勝

いずれも強い競馬を見せており、コース適性は間違い無しです。

前走の高松宮記念の惨敗で人気が落ちておりますが、

遠征明け初戦と言うことで、仕上がりという部分でも物足り無さがありました。

今回叩き2走目となりますが、中間Wコース中心に乗り込まれ、

状態は間違い無く良化しています。

去年同様内枠を手に入れる事が出来れば、アーモンドアイを負かすシーンがあっても驚かないです。

 

 

 

 

 

コントラチェック

秘めたる能力は相当な馬です。

成績にムラがありますが、これまでのレース敗因は明確です。

中山牝馬Sは不良馬場

秋華賞、オークスは距離が長い

不良馬場の中山牝馬Sを除けば、1800m以下は【4.1.1.0】と目を見張る成績です。

今回アーモンドアイに人気が集中しますので、コントラチェックの人気は中穴あたりが予想されます。

この馬が内枠に入り、アーモンドアイが外枠に入った場合

アーモンドアイが番手を取りに行くとは思えませんので、後傾ペースになることが予想されます。

少しでも息が入れば直線の粘り&今の東京芝内有利の恩恵を最大限に生かせられますので、

「行った行った」の競馬になることも充分考えられます。

 

 

 

 

 

まとめ

有力馬3頭の考察を行いました。

いずれも、好条件が揃えば、勝てる能力の持ち主です。

何度も、何度も書いていますが、今の東京芝コース

「内枠天国」「外枠地獄」です。

内枠をどの馬が手にできるか

それ次第で予想が大きく変わってきます。

 

ちなみに、現時点でアーモンドアイ以外で軸馬とするなら

この馬を考えております↓

C馬人気ブログランキング

現在想定オッズは9番人気

実力に見合った評価となっていません。

この馬の一発に期待しています。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。