競馬ブログ

【京王杯スプリングC2020】予想① 有力馬一週前追い切り調教診断

荒れ戦です。

今回は5月16日(土)に行われる、京王杯スプリングカップ2020の予想として

有力馬の一週前追い切り調教診断を行っていきたいと思います。

今回追い切り調教診断を行う馬は下記の6頭です

 

ダノンスマッシュ
タワーオブロンドン
ステルヴィオ
レッドアンシェル
ケイアイノーテック
グルーヴィット

 

安田記念の前哨戦という位置づけでもありますが、高松宮記念からの巻き返しを狙う馬が多く出走してきます。

高松宮記念で一度仕上げているため、調整が肝心となってきますので、シッカリ確認していきたいと思います。

 

 

一週前追い切り調教診断

※追い切り評価点は全頭最終追い切り時に採点します。

 

ダノンスマッシュ

(追い切り評価点)

今回

一週前
栗坂路良 50.9-36.7-12.5 一杯

前回(高松宮記念10着時)

最終
栗CW良 54.8-39.4-12.0 馬なり

一週前
栗CW良 82.0-66.8-51.7-37.8-11.8 馬なり

 

【一週前段階評価】

坂路で併せ馬を行いました。

5/7の坂路一番時計をマーク

中間も念入りに坂路で調整が行われており、状態は良さそうです。

最終追い切りは軽めと思われますが、動きを見て最終チェックを行っていきたいと思います。

 

 

 

 

タワーオブロンドン

(追い切り評価点)

今回

一週前
南W稍重 80.4-64.4-51.1-37.8-12.1 馬なり

前回(高松宮記念12着時)

最終
南W良 68.1-53.6-40.6-12.9 馬なり

一週前
南W良 70.5-55.3-42.0-13.7 馬なり

 

【一週前段階評価】

Wコース馬なりで追い切りました。

前走の高松宮記念時の追い切り内容は、全くこの馬らしさが無い内容で、不安視しておりましたが、馬なりながら好時計をマーク。

今回はこの馬本来の動きに戻ってきたと判断しても良さそうです。

 

 

 

 

ステルヴィオ

(追い切り評価点)

今回

一週前
南W良 73.3-57.0-42.9-13.8 馬なり 

前回(高松宮記念9着時)

最終
南W良 70.2-54.1-40.0-12.3 馬なり

一週前
南W良 68.2-53.7-39.6-12.4 一杯

 

【一週前段階評価】

一週前はWコースで馬なりで追い切りました

時計的に軽め内容ですが、5/10(日)に

坂路稍重 52.9-38.1-11.7 馬なり

を計時しております。

ステルヴィオはレース前の日曜日にも強めの追い切りを行う調整方法です。

坂路で全体時計52秒台でラスト馬なり11.7秒は好タイムと言って良いでしょう。

調整は順調と判断しても良さそうです。

 

 

 

 

レッドアンシェル

(追い切り評価点)

今回

一週前
栗坂路良 51.1-36.9-12.3 強め

前回(シルクロードS18着時)

最終
栗坂路重 53.3-38.8-24.8-12.0 強め

一週前
栗坂路重 52.3-37.7-24.4-12.4 一杯

 

【一週前段階評価】

坂路で強めで追い切られました。

この日の坂路3番時計です。

前走は、騎手の判断でレースで無理をしませんでしたが、

一週前の動きから不安は無さそうです。

改めて期待して良いでしょう。

 

 

 

 

ケイアイノーテック

(追い切り評価点)

今回

一週前
栗坂路良 50.9-37.2-12.3 一杯

前回(ダービー郷4着時)

最終
栗坂路良 51.6-37.8-24.8-12.5 一杯

一週前
栗坂路良 53.1-38.8-24.8-12.1 強め

 

【一週前段階評価】

一週前は坂路コースで一杯に追い切りました。

5/6の3番時計をマーク

調教駆けする馬で、普段から出しているタイムなので、最終追い切りの動きを見てから判断したいと思います。

 

 

 

 

グルーヴィット

(追い切り評価点)

今回

一週前
栗坂路良 51.6-37.3-12.4 強め

前回(高松宮記念6着時)

最終
栗坂路良 53.1-38.3-24.5-12.1 強め

一週前
栗坂路良 51.9-37.9-24.6-12.3 強め

 

【一週前段階評価】

一週前は坂路コースで強めに追い切られました。

この馬も普段から坂路で4F51秒台を普通に出す馬なので、最終追い切りで動きをチェックしていきたいと思います。

 

 

 

まとめ

人気が予想される6頭の診断を行いました。

全体的にどの馬も仕上がりは良好といって良いでしょう。

京王杯の過去の傾向および東京芝1400mの傾向については、明日更新いたしますが

簡単に触れますと、東京芝1400m戦は内有利です。

そして、今の東京芝コースも内を通った馬の好走率が大変高くなっています。

馬の状態も当然大事ですが、

枠順配置

とにかく今の東京芝は枠を気にしましょう。

 

最後に、一週前段階ですが、◎候補と考えている馬を紹介します。

コチラ↓

B馬人気ブログランキング

 

前走の高松宮記念は道悪馬場だったので、度外視して良いでしょう。

追い切り内容も上々で、何より「斤量」が恵まれております。

最近は芝1200m戦が主で使われておりますが、どちらかと言えば芝1400mの方が向いていると思っております。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。