競馬ブログ

【京都新聞杯2020】予想1 荒れるレース波乱診断

荒れ戦です。

今回は5月9日に行われる、京都11R京都新聞杯2020の予想として

・荒れるレース波乱診断

を行っていきたいと思います。

 

人気が予想されるのは、新馬、若葉Sと連勝中のアドマイヤビルゴ

国内取引で歴代高額馬第2位の6億2千万円で取引された事でも注目を浴びておりますが

ダービーでコントレイルと好勝負できるかは「ここでどれだけ強い勝ち方が出来るか」が重要となってきます。

過去2年間京都新聞杯は、波乱傾向にあるレースでありますが、今年は果たして荒れるのか?シッカリ予想していきたいと思います。

 

 

荒れるレース波乱診断

それでは、過去10年の京都新聞杯の傾向をデータを使って分析していきたいと思います。

 

京都新聞杯 3連単配当傾向

過去10年で3連単10万超えは3回

ただ、冒頭にも触れましたが、過去2年間は20万超え馬券が続いております。

ダービー前のトライアル戦ということで、下位人気馬の「メイチ馬」には注意が必要です。

 

 

 

京都新聞杯 馬番・脚質傾向

馬番傾向としては8枠の成績は悪くなっております。

脚質傾向としては先行馬中心と考えて良いですが、差し追い込み馬の好走も目立ちます。

 

 

 

京都芝2200m3連単配当傾向

※16~18頭で抽出しています。

3連単10万超している率は33.3%

平均配当は19万2千円

3回に1回10万超えしている計算になります。

ほぼ平均的と言って良いでしょう。

 

 

 

京都芝2200m馬番傾向

単・複回収値を見ると17、18番の数値が悪いです。

 

 

 

脚質傾向

他のレース傾向より差し馬の活躍が目立ちます。

 

 

 

まとめ

京都新聞杯および京都芝2200mの傾向を確認しました。

傾向を簡単にまとめますと

・過去10年で3連単10万超は3回
・京都芝2200mは、17番、18番の大外は成績が落ちている。
・差し馬の活躍が目立つ
・ダービー前最後のトライアル、メイチ馬を探せ

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。