競馬ブログ

【新潟大賞典2020】予想1 荒れるレース波乱診断

荒れ戦です。

今回は5月10日に行われる、新潟11R新潟大賞典2020として

・荒れるレース波乱診断

を行っていきたいと思います。

 

人気が予想されるのは、7ヶ月ぶりの参戦となるエアウィンザー

剥離骨折による長期休養明けということで、仕上がり具合が肝心となりますが

ハンデ戦で最重量57.5kgを背負わされるということで、中々条件的には厳しいものがあります。

荒れる要素は充分ありと見ていますので、高配当を狙えるレースかシッカリ検証していきたいと思います。

 

 

荒れるレース波乱診断

それでは、過去10年の新潟大賞典の傾向をデータを使って分析していきたいと思います。

 

新潟大賞典 3連単配当傾向

過去10年で3連単10万超えは4回

意外に荒れておりません。

 

 

 

新潟大賞典 馬番・脚質傾向

馬番傾向としては内、外の有利不利は感じません。

脚質傾向としては逃げ馬が苦戦傾向で、先行~追い込み馬が活躍しています。

 

 

 

新潟大賞典その他傾向

牝馬は苦戦傾向。

高齢馬もそれなりに活躍しています。

 

 

 

新潟芝2000m3連単配当傾向

※16~18頭で抽出しています。

3連単10万超している率は35.8%

平均配当は20万1千円

10万超え35.8%は平均的

平均配当も平均並となっています。

 

 

 

新潟芝2000m馬番傾向

大外17番、18番は苦戦傾向です。

新潟大賞典はフルゲート16頭なので、気にしなくて問題ありません。

 

 

 

脚質傾向

新潟大賞典のレース傾向同様

他のコースに比べ、逃げ馬の好走率が悪くなっています。

先行、差し馬中心に考えて良さそうです。

 

 

 

まとめ

新潟大賞典および新潟芝2000mの傾向を確認しました。

傾向を簡単にまとめますと

・過去10年で3連単10万超は4回
(意外に荒れていない)
・新潟芝2000mは、16頭立てであれば内外の有利不利無し
・逃げ馬は苦戦傾向
・牝馬は苦戦傾向

荒れるかどうかの判断材料として

エアウィンザーを軸に「する」か「しない」かで判断したいと思います。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。