競馬ブログ

【青葉賞2020】最終予想 3連複2万超勝負レース! 最終追い切り調教診断 他

荒れ戦です。

今回は5月2日(土)に行われる、青葉賞2020の予想として

有力馬の最終追い切り調教診断
展開予想
軸馬2頭
穴馬情報

 

を行っていきたいと思います。

 

まずは枠順から

1枠1番 フィリオアレグロ
1枠2番 アラタ
2枠3番 オーソリティ
2枠4番 ブルーミングスカイ
3枠5番 ディアマンミノル
3枠6番 レアリザトゥール
4枠7番 ヴァルコス
4枠8番 アピテソーロ
5枠9番 アイアンバローズ
5枠10番 ダノンセレスタ
6枠11番 フィロロッソ
6枠12番 メイショウボサツ
7枠13番 ロールオブサンダー
7枠14番 サーストンカイドー
7枠15番 フライライクバード
8枠16番 プリマヴィスタ
8枠17番 ディアスティマ
8枠18番 コンドゥクシオン

の18頭

今年の青葉賞はフルゲート開催となりました。

 

続いて前日段階の単勝オッズですが

1番人気 オーソリティ    3.3倍
2番人気 フライライクバード 3.5倍
3番人気 フィリオアレグロ  4.3倍
4番人気 メイショウボサツ  8.8倍
5番人気 ヴァルコス     14.6倍

 

3頭が拮抗した人気を集めていますが

正直この3頭で決まるとは全く思えない、非常に混戦なレースと見ています。

 

 

 

有力馬最終追い切り調教診断

 

オーソリティ

(追い切り評価91点)

今回

一週前
南W稍重 68.0-53.2-38.7-12.0 G一

一週前
南W良 99.1-83.0-67.3-52.6-38.9-12.9 G一

前回(ディープ記念3着時)

最終
南W良 66.7-51.2-37.5-12.0 強め

一週前
南W稍重 84.5-68.5-53.1-39.7-12.5 強め

 

【最終追い切り評価】

一週前同様Wコースで併せ馬

全体時計は物足りないですが追われた時の反応は上々で、まずまずの評価とします。

ただ、前走時から大きく良化したとは感じませんでした。

 

【一週前段階追い切り評価】

Wコースで併せ馬を行いました。

長めから意欲的に追い切り、僚馬に先着

反応もまずまずで、体調自体は良さそうです。

 

 

 

 

フライライクバード

(追い切り評価94点)

今回

最終
栗坂路良 54.2-39.1-24.9-12.5 強め

一週前
栗CW稍重 81.8-65.5-50.2-36.6-11.8 一杯

前回(アザレア賞1着時)

最終
栗CW良 83.5-67.5-52.0-37.6-11.7 馬なり

一週前
栗DP良 78.3-63.4-49.3-36.4-11.2 一杯

 

【最終追い切り評価】

最終は坂路コースで併せ馬を行いました。

時計は地味ですが、力強い脚捌きで体調の良さが窺えます。

体調は大変良いと見ています。

 

【一週前段階追い切り評価】

全体時計としては素晴らしいタイムで駆けています。

僚馬に遅れはしましたが出来は良さそうです。

 

 

 

 

フィリオアレグロ

(追い切り評価95点)

今回

最終
南W稍重 54.5-40.5-12.9 馬なり

一週前
南W稍重 65.9-51.7-37.8-11.9 馬なり

前回(京成杯7着時)

最終
南W良 55.7-40.4-11.9 馬なり

一週前
南W良 67.2-52.9-39.4-12.8 直一

 

【最終追い切り評価】

最終追い切りは一週前同様Wコースで併せ馬を行いました

全体時計は平凡ですが、一週前に強めの負荷をかけた好内容の追い切りを行っているため、最終はこれで充分です。

出来は大変良いと見ています。

 

【一週前段階追い切り評価】

Wコースで併せ馬を行いました

終始馬なりでの併走でしたが、気合い乗り満点で

走る気がみなぎっている印象がありました。

出来は良さそうです。

 

 

 

 

メイショウボサツ

(追い切り評価92点)

今回

最終
栗坂路良 53.9-39.7-25.8-12.8 強め

一週前
栗CW稍重 80.9-64.8-49.6-36.7-12.2 強め

前回(大寒桜賞1着時)

最終
栗坂路良 54.4-38.8-24.9-12.3 仕掛け

 

【最終追い切り評価】

最終追い切りは坂路コースで併せ馬を行いました。

追っている割には時計が出ていないのが気になりますが

一週前に高負荷をかけたためと判断します。

 

【一週前段階追い切り評価】

CWコースで併せ馬を実施

躍動感ある動きで大変良い動きだったと思います。

追われた時の反応も良く、出来は前走時以上と見ています。

 

 

 

 

ヴァルコス

(追い切り評価90点)

今回

最終
栗坂路良 56.8-41.1-27.0-13.6 馬なり

一週前
栗CW良 83.2-66.6-51.6-38.3-12.2 強め

前回(ゆきやなぎ賞1着時)

最終
栗CW重 81.8-66.2-51.6-38.0-12.7 仕掛け

一週前
栗CW良 82.9-66.4-51.3-37.8-12.2 仕掛け

 

【最終追い切り評価】

最終は坂路コース単走で追い切りました。

特にこれといった強調材料はありません。

良くて前走並と判断します。

 

【一週前段階追い切り評価】

CWコースで3頭併せを行いました。

僚馬に遅れはしましたが、まずまずの時計を計時

大きな変わり身は感じられません。

現状維持。

 

 

 

 

ロールオブサンダー

(追い切り評価点)

今回

最終
栗坂路良 55.1-40.2-25.8-12.3 G強め

一週前
栗CW稍重 85.3-69.9-54.4-39.6-11.7 強め

前回(京成杯7着時)

最終
栗坂路良 53.9-39.4-25.5-12.5 一杯

一週前
栗CW重 82.5-66.0-51.3-38.3-12.0 馬なり

 

【最終追い切り評価】

最終追い切りは坂路コース単走で追い切りました。

G前強めの内容ですが、全体時計としては軽めですが、中間しっかり負荷をかけているため問題ありません。

最後しっかり伸びていますし、状態良いと判断して良さそうです。

 

【一週前段階追い切り評価】

ラスト11.7と動きは良かったのですが、全体時計平凡で評価は出来ません。

ただ4月15日にはCW稍重コースで

93.4-64.3-50.5-37.6-12.6 強め

負荷をかけ、好タイムを出しています。

状態に関しては問題なさそうです。

 

 

 

 

展開予想

ロールオブサンダーが単騎逃げ濃厚

東京芝2400m戦ということで、ハイペースはあまり想定していません。

ミドル3割、スロー7割の展開を予想します。

 

 

3連複2万超勝負レース

今年の青葉賞は

3強の構図となっていますが、皐月賞の時の様な絶対の力差が無い3強です。

東京芝2400m戦は荒れにくいレースでありますが

今回のメンバー構成から、充分に高配当を狙えるレースと言って良いレースと考えています。

 

 

 

☆☆三連複2万超勝負について☆☆

以前まで三連単10万超勝負としていたものを

リニューアル版として三連複バージョンとしました。

 

年間でプラス収支にするためには、次の2点が重要です。

・「荒れる確率が高いレース」で「当たる確率が高い買い方」をする。

・「レースによって買い方を変える」のでは無く「自分の買い方を決めて買うレース」を決める。

を続ける事が大事だと思っています。

 

 

◎馬券の買い方

荒れる確率が高いレースで、軸馬2頭を決め

三連複のオッズ範囲で200倍~2000倍のオッズ取得で多点買い

大体90~100通りの口数です。

 

 

※前もって書いておきますが

悲しい事に、現在競馬資金が無く、エア予想での提供になっております。

リアル馬券は6月から予定しております

現在は予想の精度を上げるための準備中という事で、ご覧頂けたら幸いです。

 

 

軸馬予想

 

軸馬1 フィリオアレグロ

前走の共同通信杯では、直線1.2着馬の併せ馬という形となってしまったため、離されてしまいましたが

外々を回らされていますし、そこまで悲観する内容ではありません。

現在の状態は一週前に、躍動感ある非常に素晴らしい動きをしており、状態は前走以上

枠も1枠でレーン騎乗と言うことで、期待充分です。

 

 

 

軸馬2  ロールオブサンダー

前走の京成杯ではスカイグルーヴに4コーナーでプレッシャーをかけられ、粘りをかいた走りでしたが

今回は単騎逃げが予想され、ペースも速くならないことを想定していますので、前走以上の走りを期待しています。

 

 

 

穴馬情報

 

G馬 人気ブログランキング

(追い切り評価92点)

今回

一週前
栗坂路良 53.1-39.0-25.5-12.8 一杯

一週前
栗CW稍重 67.8-52.3-37.4-11.6 一杯

前走

最終
栗坂路重 52.3-38.0-24.8-12.2 一杯

一週前
栗CW良 85.6-69.3-54.0-38.8-11.6 G強

 

【レース前直前予想】

今回穴馬として推奨いたしました。

前々走は同じ2400m戦に出走

4コーナーで外を回って一気に先頭集団にとりつき

直線早めに抜けだし完勝しました。

前走の敗戦で人気急落となっておりますが、過去走から距離が伸びた方が良いとみています。

 

【最終追い切り評価】

最終追い切りは坂路コースで併せ馬を行いました。

時計は多少掛かりましたが、一杯に追われ僚馬に大きく先着

好状態と判断します。

 

【一週前段階追い切り評価】

CWで併せ馬を行いました

それなりに強めの負荷をかけ、ラスト11.6秒で駆けているため、状態は良いと見て良いでしょう。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。