競馬ブログ

【青葉賞2020】予想① 出走予定馬一週前追い切り調教診断

荒れ戦です。

今回は5月2日(土)に行われる、青葉賞2020の予想として、一週前追い切り調教診断を行っていきたいと思います。

今回は1勝馬が9/10の抽選が行われる予定なので、出走可能圏内の9頭の他、出走してきたら1番人気が予想されるフィリオアレグロの診断していきたいと思います。

オーソリティ
ヴァルコス
コンドゥクシオン
サトノフウジン
フィロロッソ
フライライクバード
ブルーミングスカイ
メイショウボサツ
ロールオブサンダー
フィリオアレグロ

メンバーを見渡しても、例年に無く低調なメンバー構成となりました。

ただ、力差が無く、馬券的には大変面白そうな一戦となりましたので、状態良い馬をシッカリチェックして、荒れそうなレースであれば、三連複1万超勝負をしたいと思います。

 

 

一週前追い切り調教診断

※追い切り評価点は最終追い切り診断後に採点します。

オーソリティ

(追い切り評価点)

今回

最終

一週前
南W良 99.1-83.0-67.3-52.6-38.9-12.9 G一

前回(ディープ記念3着時)

最終
南W良 66.7-51.2-37.5-12.0 強め

一週前
南W稍重 84.5-68.5-53.1-39.7-12.5 強め

 

Wコースで併せ馬を行いました。

長めから意欲的に追い切り、僚馬に先着

反応もまずまずで、体調自体は良さそうです。

 

 

 

ヴァルコス

(追い切り評価点)

今回

最終

一週前
栗CW良 83.2-66.6-51.6-38.3-12.2 強め

前回(ゆきやなぎ賞1着時)

最終
栗CW重 81.8-66.2-51.6-38.0-12.7 仕掛け

一週前
栗CW良 82.9-66.4-51.3-37.8-12.2 仕掛け

 

CWコースで3頭併せを行いました。

僚馬に遅れはしましたが、まずまずの時計を計時

大きな変わり身は感じられません。

現状維持。

 

 

 

コンドゥクシオン

(追い切り評価点)

今回

最終

一週前
南W稍重 82.3-65.7-51.3-37.7-12.8 一杯

前回(山桜賞1着時)

最終
南W重 67.2-52.4-39.3-12.8 強め

一週前
南W良 66.7-52.0-38.2-12.4 一杯

 

Wコースで併せ馬を行いました

遅れはしましたが、長めをビッシリ追い切り好時計をマーク

前進が見込まれます。

 

 

 

サトノフウジン

(追い切り評価点)

今回

最終

一週前
南W稍重 66.3-51.4-37.8-12.1 馬なり

前回(フリージア賞1着時)

最終
南W良 71.2-55.8-41.6-12.7 馬なり

 

プリンシバルSと青葉賞両にらみですが

Wコースで馬なりながらも好時計をマーク

状態は大変良さそうです。

 

 

 

フィロロッソ

(追い切り評価点)

今回

最終

一週前
栗坂路稍重 57.6-41.7-13.8 一杯

前回(3歳1勝クラス1着時)

最終
栗坂路良 53.5-38.7-25.2-12.6 一杯

一週前
栗坂路重 54.7-39.6-25.4-12.5 一杯

 

坂路一杯に追い切りましたが、時計も平凡で評価しようがありません。

最終追い切りで判断します。

 

 

 

フライライクバード

(追い切り評価点)

今回

最終

一週前
栗CW稍重 81.8-65.5-50.2-36.6-11.8 一杯

前回(アザレア賞1着時)

最終
栗CW良 83.5-67.5-52.0-37.6-11.7 馬なり

一週前
栗DP良 78.3-63.4-49.3-36.4-11.2 一杯

 

全体時計としては素晴らしいタイムで駆けています。

僚馬に遅れはしましたが出来は良さそうです。

 

 

 

ブルーミングスカイ

(追い切り評価点)

今回

最終

一週前
栗CW稍重 67.8-52.3-37.4-11.6 一杯

前回(すみれS4着時)

最終
栗坂路重 52.3-38.0-24.8-12.2 一杯

一週前
栗CW良 85.6-69.3-54.0-38.8-11.6 G強

 

CWで併せ馬を行いました

ラスト11.6秒としぶとく僚馬に併入しましたが、中間の調整過程として早い追い切りの数が少ないのが気になります。

 

 

 

メイショウボサツ

(追い切り評価点)

今回

最終

一週前
栗CW稍重 80.9-64.8-49.6-36.7-12.2 強め

前回(大寒桜賞1着時)

最終
栗坂路良 54.4-38.8-24.9-12.3 仕掛け

 

CWコースで併せ馬を実施

躍動感ある動きで大変良い動きだったと思います。

追われた時の反応も良く、出来は前走時以上と見ています。

 

 

 

ロールオブサンダー

(追い切り評価点)

今回

最終

一週前
栗CW稍重 85.3-69.9-54.4-39.6-11.7 強め

前回(京成杯7着時)

最終
栗坂路良 53.9-39.4-25.5-12.5 一杯

一週前
栗CW重 82.5-66.0-51.3-38.3-12.0 馬なり

 

ラスト11.7と動きは良かったのですが、全体時計平凡で評価は出来ません。

3ヶ月の休み明けですが、本数が少ない印象があります。

 

 

 

フィリオアレグロ

(追い切り評価点)

今回

最終

一週前
南W稍重 65.9-51.7-37.8-11.9 馬なり

前回(京成杯7着時)

最終
南W良 55.7-40.4-11.9 馬なり

一週前
南W良 67.2-52.9-39.4-12.8 直一

 

Wコースで併せ馬を行いました

終始馬なりでの併走でしたが、気合い乗り満点で

走る気がみなぎっている印象がありました。

出来は良さそうです。

 

 

まとめ

全10頭を診断いたしました。

追い切りの動き良飼った馬が多かった印象があります。

その中でも特に良かった馬は↓

特注馬D馬 人気ブログランキング

※木曜日の午前0時まで公開

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。