競馬ブログ

【福島牝馬ステークス2020】最終予想 三連複1万超勝負レース

こんばんは、荒れ戦です。

今回は福島牝馬ステークス2020の最終予想として、展開予想、印付き分析、買い目公開を行っていきたいと思います。

 

過去10年の福島牝馬ステークスの3連複傾向として1万超えは9回中4回と約2回に1回は1万超えと、まずまずの荒れ具合となっております。

週中に追い切り診断を行いましたが、人気馬でメイチの馬もいなく

また人気薄馬の状態も良好であるため

混戦模様の一戦と見ており、荒れる可能性は充分と考えていますので

三連複1万超勝負を行おうと考えております。

 

 

三連複1万超勝負

以前まで三連単10万超勝負としていたものを、リニューアル版として三連複バージョンとしました。

 

年間でプラス収支にするためには、次の2点が重要です。

・「荒れる確率が高いレース」で「当たる確率が高い買い方」をする。

・「レースによって買い方を変える」のでは無く「自分の買い方を決めて買うレース」を決める。

を続ける事が大事だと思っています。

 

◎馬券の買い方

荒れる確率が高いレースで、軸馬2頭、対抗軸馬8頭(前後)、穴馬絡めた12頭(前後)を決め

三連複のオッズ範囲で100倍~1000倍のオッズ取得で多点買い

大体60通りの口数です。

 

◎軸馬指定の考え方

軸馬は最も馬券に絡む確率が高い馬2頭を選定しますが、展開に配慮し

ハイペースになった場合に来る確率が高い馬1頭

スローの展開になった場合に来る確率が高い馬1頭

を決めます。

 

※前もって書いておきますが、現在競馬資金が無く、エア予想での提供になります。リアル馬券は6月から予定しております。

 

 

それでは、早速福島牝馬ステークスの予想をしていきたいと思います。

 

展開予想

ショウナンバビアナとモルフェオルフェ2頭の逃げ馬がいます。

2頭とも逃げて力を発揮するタイプなので、スタートが五分の場合、ペースはそれなりに上がる事が予想されます。

人気のエスポワールもスタートが決まれば、先行手段にとりつくと予想されますので、やはりペースは上がりそうです。

ハイ4割、ミドル4割、スロー2割と予想します。

 

 

 

印し付き有力馬診断

 

軸1 エスポワール

 

前走の中山牝馬Sでは、常に外々を回っての競馬

それでも直線しぶとく伸びてきて3着と力があることを示しました。

前々走のターコイズSも逃げたコントラチェックを捕まえることは出来ませんでしたが、ハイペースの中2番手追走し2着好走

ハイペースで先行しても粘り込む

G3では力は上位なのは明らかです。

追い切り内容からも状態は引き続き良好とみていますので、複勝圏に絡む確率が高い馬としては、やはり外せない馬だと思っています。

 

 

軸2 サラキア

 

前走の愛知杯は道悪の影響をもろに受けて、直線無理に追う事無く9着敗戦

しかしながら、前々走のエリザベス女王杯並に走れば、G2、G3でも勝ち負けできるレベルの馬なので、良馬場で改めての馬です。

距離1800mは【0.3.0.0】と全て連対と適距離と言って良く

追い切りも良かったので、好勝負必至と見ています。

 

 

穴注目馬 レッドアネモス

 

近走は成績不振ですが、道悪が影響しているものと考えています。

今回は良馬場で開催されそうですし、追い切りはダントツで内容が良かった馬です。

ココは穴馬として注目の一頭です。

 

 

総括

福島牝馬ステークス

三連複1万超確率 40%

人気馬の状態は良いが人気薄の馬も魅力ある馬が多く、混戦と見ていますので

三連複1万超勝負(エア馬券)します。

 

 

買い目

2頭軸の3連複です。

◎1.3

○1.2.3.8.9.11.13.14

▲1.2.3.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15

114通りの内、3連複100倍~1000倍のオッズ取得で60~70通り前後

 

 

 

【参考】

全頭最終追い切り調教診断(前編)

エスポワール、フェリーポルカ、デンコウアンジュ、サラキア、リュヌルージュ、カリビアンゴールド、フィリアプーラ、レッドアネモス

 

全頭最終追い切り調教診断(後編)

アロハリリー、ショウナンバビアナ、ダノングレース、ハーレムナイン、マルシュロレーヌ、モルフェオルフェ、ランドネ、リーブフラウミルヒ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。