競馬ブログ

競馬ブログ25日目【阪神牝馬S2020】最終予想 ◎はサウンドキアラ

こんばんは、荒れ戦です。

今回はサンスポ杯阪神牝馬S2020の最終予想として、展開予想、印付き追い切り調教診断、買い目公開を行っていきたいと思います。

まずは馬番から見ていきます。

 

1枠1番 テーオービクトリー
1枠2番 サウンドキアラ
2枠3番 メジェールスー
2枠4番 ビーチサンバ
3枠5番 リバティハイツ
3枠6番 ノーワン
4枠7番 プールヴィル
4枠8番 ブランノワール
5枠9番 シャドウディーヴァ
5枠10番 ディメンシオン
6枠11番 シゲルピンクダイヤ
6枠12番 トロワゼトワル
7枠13番 ダノンファンタジー
7枠14番 アマルフィコースト
8枠15番 スカーレットカラー
8枠16番 サトノガーネット

の16頭です。

 

午前0時時点の単勝前売りオッズは

1番人気 サウンドキアラ     3.2倍
2番人気 ダノンファンタジー 3.5倍
3番人気 シゲルピンクダイヤ 7.7倍
4番人気 ビーチサンバ    8.9倍
5番人気 シャドウディーヴァ 11.2倍

 

サウンドキアラと、ダノンファンタジーが3倍台と人気を集めています。

ただ、一筋縄ではいかなそうなメンバー構成で、荒れそうな気配は充分。

 

 

競馬ブログ24日目

競馬予想に入る前に、いつもどおり競馬ブログの収益化について報告です。

 

◎PV実績

右肩上がりにブログのPV数が増えてきています。

主にTwitterの皆様からのPVが多くなっております。本当に感謝しております。

グーグル検索からも数件流入しています。こちらは徐々に増えてきているといった感じです。

 

このブログでは

「どれだけPV数が増え」

「どれだけ収益化が計られているのか」

これからブログを書こうと考えている方の参考になればと思っております。

当面の目標は1日500PVです。

この数値については

2ヶ月あたりで達成出来ればと思っております。

 

 

展開予想

逃げを主張しそうなのはトロワゼトワル

前前走の京成杯オータムハンデで、逃げて強い勝ち方をしている実績があり、陣営としては「逃げ」と考えている可能性が高いと見ています。

前前走のトロワゼトワルの逃げは、1000m通過55.4秒のハイペースを自ら叩きだし、ラスト3Fを34.9秒でまとめて、1.30.3のレコード時計で勝利と大変強い勝ち方でした。

ここでも自らハイペースを作り、後続に脚を使わせる走りをする可能性は充分ありえるとみています。

レースの流れは「ハイペース5割、ミドル3割、スロー2割」と予想します。

トロワゼトワルが逃げなかった場合は、ミドル~スローの割合が高くなりそうです。

 

また、馬場傾向としては、前の週阪神競馬は前目の馬の活躍が目立つ傾向でした。

今週もある程度、前目傾向は続くものと予想されます。

 

 

印し付き有力馬診断

 

◎サウンドキアラ

今回

最終
栗坂路良 53.2-38.4-25.0-12.3 仕掛け

一週前
栗坂路良 51.2-37.5-24.8-12.6 G強め

前回(京都牝馬S1着時)

最終
栗坂路良 52.4-37.8-24.4-12.0 G強め

一週前
栗坂路良 52.2-38.1-24.6-12.1 馬なり

 

追い切りでは、これまで同様坂路コースで追い切りました。

回転力ある脚捌き&活気ある動きを見せており、引き続き好状態と判断

重賞2連勝ということですが、勝ち方を見ても本格化を感じさせます。

内目の好枠を引いたので、距離ロス無く前目で好位置のポジションでレースができれば、この馬の好走確率が最も高いと判断しての◎です。

 

 

○番 スカーレットカラー

今回

最終
栗CW良 83.1-66.6-51.7-37.8-12.2 馬なり

一週前
栗CW良 79.3-63.3-49.2-36.1-11.8 一杯

前回(有馬記念15着時)

最終
栗CW良 82.1-65.6-50.8-37.0-12.2 馬なり

一週前
栗CW良 78.2-63.3-49.3-37.4-13.1 強め

 

一週前CWコースで6F80秒を切ってきて、且つラスト1F11.8秒と好時計をマーク

中間の追い切り内容から、休み明けを感じさせない動きを見せています。

前走は有馬記念で15着と大きく負けましたが、明らかに距離が長かった印象です。

ただ、大きく負けはしましたが、有馬記念出走させたことが「陣営サイドとしてスカーレットカラーの能力に可能性を感じていた」証拠でもあります。

今回、好走実績ある1600mに主戦場を戻して、仕切り直しの一戦です。

展開予想で、前目有利と書きましたが、ペース的にもハイペースと予想していますので、府中牝馬Sで見せた切れを見られる事を期待します。

 

 

▲プールヴィル

今回

最終
栗坂路良 52.3-37.9-24.5-12.3 馬なり

一週前
栗坂路良 51.5-37.5-24.3-11.9 仕掛け

前回(京都牝馬S2着時)

最終
栗坂路良 52.6-38.5-24.9-12.5 馬なり

一週前
栗坂路良 51.8-37.5-24.4-12.2 一杯

 

2週続けて坂路での追い切りでしたが、活気ある動きを見せており

前走時を上回る出来にあると見ています。

目下絶好調。

前走の京都牝馬Sは、ほぼ勝ちパターンの競馬でしたが、サウンドキアラの強烈な末脚で惜しくも2着

現在、オッズ15倍台の7番人気ですが、期待値的に魅力を感じての▲評価です。

 

 

穴馬 トロワゼトワル

今回

最終
栗坂路良 54.0-39.3-25.2-12.2 馬なり

一週前
栗CW良 81.8-66.2-51.8-38.2-11.9 仕掛け

前回(ターコイズS16着時)

最終
栗坂路良 53.5-38.9-25.2-12.5 馬なり

一週前
栗CW良 81.0-65.3-50.4-36.8-12.0 一杯

 

3ヶ月半の休み明けですが、休み明け前と変わらず良い動きを見せております。

何より休み明けは【2.1.0.2】と問題ありません。

この馬に期待している部分については、展開予想コーナーで9割書いています。

人気薄であり、無理なく先手をとれるメンバー構成ですし、

トロワゼトワル陣営としても「ハイペースで単騎で行ければ強い」と京成杯オータムハンデの勝利で思っていますので、多少のハイペースでも行ききると予想しています。

 

 

印し予想のまとめ

 

◎○▲と穴馬をピックアップして書きましたが

△ビーチサンバ

×シゲルピンクダイヤ

の2頭を連下に予想します。

 

あとは、ダノンファンタジー取捨ですが

追い切りは非常に良かったです。

今回無印とした理由は、秋華賞の負け方から「成長力?」に疑いをもってしまいました。

3歳夏~秋にかけて、成績を落とし「成長力」に欠ける馬もいれば、ラッキーライラックの様に、4歳を迎えてからまた花開く馬もいます。

今回のダノンファンタジーが、「成長↓」なのか、「成長↑」なのか、試金石の一戦と見ています。

今回はその見定めという観点で「消し」としました。

また期待値的にも人気があるので低いとみています。

 

 

買い目

3連複2頭軸

◎○-▲△×穴

の4点で勝負します。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。