競馬ブログ

競馬ブログ23日目【桜花賞2020】予想④ 全頭最終追い切り調教診断(前編)

こんばんは、荒れ戦です。

本日はG1桜花賞2020の予想として、全頭最終追い切り調教診断(前編)を行っていきたいと思います。

前編として、今回は下記8頭の診断を行います。

レシステンシア
リアアメリア
デアリングタクト
サンクテュエール
マルターズディオサ
ミヤマザクラ
マジックキャッスル
スマイルカナ

 

 

競馬ブログ23日目

毎日更新の「競馬ブログの収益化」の報告です

 

◎PV実績

4月8日はPV数14回

PV数が減少しました。

昨日は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言により競馬開催の可否が不明であったため、ロクな記事を書いていませんでしたので、仕方がありません。

 

このブログでは

「どれだけPV数が増え」

「どれだけ収益化が計られているのか」

これからブログを書こうと考えている方の参考になればと思っております。

当面の目標は1日500PVです。

この数値については

2ヶ月あたりで達成出来ればと思っております。

 

 

 

 

追い切り調教診断(前編)

 

レシステンシア

今回

最終
栗坂路良 49.5-36.2-23.8-12.1 強め

一週前
栗坂路重 56.0-40.8-26.3-13.0 馬なり

前回(チューリップ賞3着時)

最終
栗坂路良 52.0-37.2-23.8-11.8 G強

一週前
栗坂路重 53.2-38.0-24.3-11.8 一杯

 

最終の坂路で自己ベストを3秒近く更新

弾むようなフットワークで、坂を駆け上がりました。

G1仕様です。

 

 

リアアメリア

今回

最終
栗CW良 81.0-66.5-51.6-37.2-11.7 強め

一週前
栗CW良 98.2-81.7-66.1-51.7-38.3-11.6 強め

前回(阪神JF6着時)

最終
栗CW良 54.9-40.0-12.3 馬なり

一週前
栗CW良 65.8-50.1-36.8-11.2 強め

 

前走の阪神JFでは、一週前で素晴らしい動きを披露しましたが、最終追い切りでは、その反動があってか、最終追い切りでは相当軽めの調整

結果的にも案外な結果となりました。

今回は2週連続でCWで意欲的な追い切りを行い、反応も目を見張るものがありました。

今回は不安要素無く、前走時とは「雲泥の差」と言って良いでしょう。

 

 

デアリングタクト

今回

最終
栗坂路良 53.9-39.5-25.6-12.6 馬なり

一週前
栗CW良 98.3-82.5-66.1-51.0-37.6-12.3 馬なり

前回(エルフィンS1着時)

最終
栗坂路良 53.9-39.3-25.5-12.5 強め

一週前
栗CW重 81.2-66.2-51.2-38.7-12.1 馬なり

 

いつもどおりの調整過程で

いつもどおりの動き。

エルフィンSが異次元の強さで勝ったので

いつもどおりの動きで充分です。

 

 

サンクテュエール

今回

最終
美坂路良 54.4-39.4-25.5-12.5 馬なり

一週前
南W稍重 82.1-66.3-51.8-38.2-12.3 馬なり

前回(シンザン記念1着時)

最終
南W稍重 71.6-56.0-41.2-13.2 馬なり

一週前
南W良 68.3-54.2-40.3-13.2 馬なり

 

一週前はWコース。最終は坂路で追い切りました。

時計は決して速く無いですが、動きはキビキビした活気ある走りを見せております。

休み明けですが、状態は良さそうです。

 

 

マルターズディオサ

今回

最終
栗CW良 82.4-66.3-52.1-38.4-12.2 馬なり

一週前
栗CW重 80.2-65.2-50.3-36.9-12.1 馬なり

前回(チューリップ賞1着時)

最終
美坂路良 54.4-39.8-25.8-12.4 馬なり

一週前
南W稍重 66.1-51.8-38.0-12.7 馬なり

 

一週前のCWコース併せ馬が実質の本追い切りです。

全体時計、反応、脚捌きともに素晴らしい内容です。

前走からの上積みはありそうです。

 

 

ミヤマザクラ

今回

最終
栗坂路良 52.8-38.3-24.4-.12.0 馬なり

一週前
栗CW良 81.9-65.4-50.5-37.2-11.7 強め

前回(クイーンS1着時)

最終
栗坂路良 55.3-39.7-25.0-11.8 馬なり

一週前
栗CW良 81.2-66.2-51.2-36.5-11.5 一杯

 

体全体を使って、バネの効いた走りをするとても綺麗な走りをする馬です。

時計も優秀で、状態の良さがうかがえます。

 

 

 

マジックキャッスル

今回

最終
南W良 67.0-51.6-37.2-12.3 馬なり

一週前
南W稍重 63.0-49.3-36.6-12.5 強め

前回(クイーンS2着時)

最終
南W良 66.9-51.6-37.5-12.4 馬なり

一週前
南W良 67.7-52.0-39.0-12.7 馬なり

 

一週前は脚抜きの良いWコースで、内を通って好時計を出しましたが、動きはダイナミックで目を見張るものがあります。

好状態です。

 

 

スマイルカナ

今回

最終
南W良 68.8-52.9-38.6-11.5 馬なり

一週前
南W稍重 64.0-48.9-36.9-12.0 一杯

前回(チューリップ賞7着時)

最終
南W良 70.9-54.8-40.5-12.9 馬なり

一週前
南W稍重 65.4-51.1-37.8-12.3 仕掛け

 

一週前のWコースが本追い切りです。

マジックキャッスル同様脚抜きの良い馬場で好時計を出していますが、この馬は外々をとおっての好時計です。

回転が早い脚捌きで、状態の良さが伝わります。

 

 

 

まとめ

今回人気が予想される馬の診断でしたが

どの馬も大変良い動きを見せており

流石クラシックと思わせる仕上がり具合です。

その中でも2頭特に良かった馬を紹介します。

リアアメリア

レシステンシア

この2頭は特に良かったです。

あと今回診断した中で穴馬として注目したいのが

ミヤマザクラ

スマイルカナ

明日、その他の馬も診断し、最終的に穴馬とするかは土曜日の最終予想で判断しますが、魅力を感じています。

 

新型コロナウイルスの影響で、開催が危ぶまれましたが、水曜日時点では競馬開催の予定と言うことが決まりました。

このまま無事競馬が開催されることを望みます。

そして、新型コロナウイルスが早く終息することを強く望みます。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。