競馬ブログ

【大阪杯2020】予想④ 全頭最終追い切り調教診断(後編)

こんばんは、荒れ戦です。

本日はG1大阪杯2020の予想として、全頭最終追い切り調教診断(後編)を行っていきたいと思います。

後編として、今回は下記6頭です。

ロードマイウェイ

サトノソルタス

レッドジェニアル

ステイフーリッシュ

マカヒキ

ジナンボー

今回診断行う馬達は、人気薄が想定されます。

追い切り内容が良くなければ、当然穴をあける確率も低いですので、人気薄の馬達の診断こそ重要になってきます。

 

追い切り調教診断

 

ロードマイウェイ

今回

最終
栗坂路良 53.1-39.2-25.9-13.0 馬なり

一週前
栗坂路良 54.9-40.3-26.6-13.2 馬なり

前回(金鯱賞10着時)

最終
栗坂路重 54.2-39.2-25.9-12.8 仕掛け

一週前
栗CW良 78.5-64.2-50.6-37.4-12.0 強め

 

最終、一週前ともに坂路で追い切りを行いました。

この馬の調整パターンとしては

どちらかで強めに追いきりを行う事が多いのですが、今回は軽めの調整です。

前走テンションが高くなって、発馬が遅くなったためテンションをコントロールするためだと思いますが

気性をコントロールする調教をしている時点でマイナス評価です。

 

 

 

 

サトノソルタス

今回

最終
南W良 68.5-53.6-38.9-12.5 馬なり

前回(金鯱賞2着時)

最終
南W重 67.3-52.9-39.5-12.5 仕掛け

一週前
南W稍重 66.8-52.0-38.1-12.0 直一

 

一週前は時計を出していません

最終も軽めの内容となっています。

「強ければよい」と言うことでは無いのですが

G1前の調整としては物足りないです。

 

 

 

レッドジェニアル

今回

最終
栗坂路良 52.1-38.0-24.9-12.4 馬なり

一週前
CW良 68.7-53.2-39.3-12.2 馬なり

前回(日経新春杯7着時)

最終
CW良 84.3-68.8-54.6-40.3-12.8 馬なり

一週前
CW重 84.0-68.0-52.8-38.4-11.6 馬なり 

 

一週前、最終ともに目立った内容ではありませんが

二週前CWコースで

78.1-63.1-49.6-37.3-11.5 一杯

と6F78.1秒でラスト1F11.5秒でまとめた内容には、このレースに対する「メイチ」を感じます。

これだけ動けると言うことは調子が良いという証拠

注目の一頭です。

 

 

 

ステイフーリッシュ

今回

最終
栗坂路良 52.9-38.3-25.4-13.2 一杯

一週前
栗坂路良 52.9-38.3-25.1-12.5 仕掛け 

前回(京都記念3着時)

最終
栗坂路良 52.7-38.3-25.0-12.6 馬なり

一週前
栗坂路良 51.6-37.9-24.9-12.6 馬なり 

 

最終では坂路コースで一杯に追い切りましたが

僚馬の鞍上が何度も気にするぐらい動きが悪かったです。

消しです。

 

 

 

マカヒキ

今回

最終
栗坂路良 54.4-39.6-25.9-13.1 馬なり

一週前
栗CW良 82.5-66.6-51.7-37.7-12.2 馬なり

前回(JC4着時)

最終
栗坂路良 53.3-37.8-24.7-12.3 G強

一週前
DP良 77.9-63.5-50.5-37.7-11.5 馬なり 

 

4ヶ月半の休み明けですが、乗り込み量も豊富で

一週前CWコースでも素軽い動きをしていました。

体調は良いと見ています。

 

 

 

ジナンボー

今回

最終
南W良 68.1-53.4-38.5-12.5 馬なり

一週前
南W良 66.7-52.1-38.4-12.2 G強め 

前回(小倉大賞典3着時)

最終
小芝重 69.8-53.6-39.3-12.2 馬なり 

一週前
小ダ重 68.4-52.9-38.3-12.6 一杯 

 

一週前、最終ともにWコースで追い切り、まずまずの内容です。

前走時以上の出来にあると見ています。

 

 

まとめ

今回6頭の診断を行いましたが

特に注目する馬としては

レッドジェニアル

メイチ感ある調整内容で、穴をあける馬として期待の一頭です。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。