競馬ブログ

【マーチステークス2020】最終予想 軸馬&厳選穴馬2頭を紹介

こんばんは、荒れ戦です。

本日は火曜日に順延となった中山競馬第11Rマーチステークス2020の最終予想として、展開予想、有力馬診断、穴馬公開、買い目公開を行っていきたいと思います。

まずは馬番から

1枠1番 ワイルドカード
1枠2番 クリンチャー
2枠3番 サンマルデューク
2枠4番 レピアーウィット
3枠5番 タイムフライヤー
3枠6番 ルールソヴァール
4枠7番 コマビショウ
4枠8番 テーオーフォース
5枠9番 リアンヴェリテ
5枠10番 ローズプリンスダム
6枠11番 テルペリオン
6枠12番 スワーヴアラミス
7枠13番 アシャカトブ
7枠14番 メイショウスミトモ
8枠15番 メイショウワザシ
8枠16番 ナムラアラシ

の16頭です。

 

前日午前0時時点の単勝前売りオッズは

1番人気 スワーヴアラミス  4.1倍
2番人気 タイムフライヤー  5.5倍
3番人気 ワイルドカード   5.6倍
4番人気 アシャカトブ    7.2倍
5番人気 クリンチャー    8.6倍

6番人気メイショウワザシ9.0倍と10倍以下が6頭と混戦模様の一戦といえます。

それではマーチステークスの予想を行っていきたいと思います。

 

 

展開予想

まず展開ですが、メイショウワザシ、テンペリオン、リアンヴェリテが逃げ主張。

他に前目で競馬をしたい馬も多くおり、前傾ラップが予想されます。

差し馬有利の展開と予想しますが、ダート戦と言うこともあり先行勢の前残りにも警戒が必要です。

 

 

軸馬診断

◎タイムフライヤー

今回

最終
栗坂路良 51.9-37.8-24.6-12.5 馬なり

一週前
CW良 79.3-63.2-49.5-36.4-11.9 一杯

前回(フェブラリーS 5着時)

最終
DP良 75.0-60.7-48.4-36.3-11.5 一杯

一週前
CW良 82.7-66.5-51.6-37.6-11.8 強め

 

一週前追い切りでは、CWコースで6F80秒を切る好時計をマーク

フェブラリーSの疲れを感じさせない追い切り内容です。

前走のフェブラリーSでは、積極的に先行して先行勢総崩れの中、粘っての5着という結果でした。

タラレバですが、いつも通りの「差し」で走っていれば、際どく上位争いを繰り広げていたのではないかと思わせる内容でした。

力的にはこのメンバーでは1枚上の存在と見ていますし、今回先行勢が多く、流れが向くことが予想されます。

道中上手く脚を溜めることができるのであれば、上位争い濃厚の1頭と見ています。

 

 

穴馬紹介(2頭)

サンマルデューク

今回

最終
南W良 68.3-53.7-39.2-12.9 一杯

一週前
南W良 65.6-51.4-38.4-12.7 一杯

前回(ボルックスS 12着時)

最終
南W稍重 66.1-52.0-39.0-13.5 馬なり

一週前
南W良 68.9-54.7-40.7-13.5 一杯

 

11歳馬ですが、衰えを感じさせない追い切り内容です。

マーチSに向けて仕上げて来た感がある前哨戦&仕上げ内容です。

斤量も前走58kgから52kgと6kg減

休み明けを叩いて良化を感じさせる追い切り内容

展開も向きそうで、昨年の同レースと同じような競馬が出来れば十分太刀打ち可能と見ています。

 

 

ローズプリンスダム

今回

最終
南W良 65.8-51.1-37.8-12.5 強め

前回(総武S 6着時)

最終
南W良 67.6-51.8-38.6-12.9 強め

一週前
南W稍重 70.6-54.6-モヤ-12.4 馬なり

 

最終追いきりでは併せ馬で遅れはしましたが、時計的には十分好時計で走っており、仕上がりは問題無しと見ています。

2走前のアルデバランSでは勝ち馬から2.0秒差つけられて敗戦となりましたが、それ以外のレースについては近走1.0秒以内の敗戦で大きく負けておりません。

そして中山コースは【2.1.0.3】と相性の良いコースです。

現時点で単勝33倍の11番人気と言うことで、配当的には狙ってみたい1頭と見ています。

 

買い目

◎5番  タイムフライヤー
○3番  サンマルデューク
▲10番 ローズプリンスダム

 

馬券購入 

◎5-○3  のワイド 500円

◎5-▲10 のワイド 500円

で勝負します。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。