プログラミング

プログラミング学習とブログを併せてやるメリット

ブログ趣旨

41歳の公務員

係長hiroです

現在、日々公務員ワークをしていますが

 

・上司&部下との人間関係に疲れています
・係長になっても給料上がらず、責任は増えます
・退職年齢が伸びることが予想されます
・仕事がつまらなく、毎朝「今日も仕事か~」となっています

 

学生時代に親から「公務員になれば人生安泰だよ!」と言われ、何となく職とした公務員

 

20年間勤めて最近「こんな人生で良いの?」と思い始めました。

 

せっかくの人生「楽しく毎日過ごしたい!」と、41歳の中年が取り組みを始めたのがプログラミング学習ブログです。

 

目標としては2021年3月までに公務員を辞めることを目標に、「副業で月3万円稼ぐ」事を目標にしています。

 

ブログ配信では「実体験日記」として、この年でも変われることを皆さんに身をもって証明していきたいと思っています!

 

プログラミング学習とブログを同時に始めた理由

本日は、プログラミング学習とブログを同時に始めた理由について書いていきたいと思います。

プログラミング学習については10日前、ブログを始めたのは3日前です。

プログラミング学習はインターネット教材の「ドットインストール」でインプットしていますが、アウトプットが出来ていません。

単純にアウトプット先をブログとしたのですが、ブログをやることによるメリットは複数あることがわかりましたので、そのメリットをお伝えしていきます。

 

 

 

プログラミング学習とブログを併せてやるメリット

 

1.三日坊主の自分に「継続」を促します

いきなりですが、皆さんは公務員の仕事どのようなイメージがありますか?

・同じことの繰り返し作業で定時に帰られるのでは?
・リストラが無いから気持ちが楽?

と思われている方も少なくないのでは無いでしょうか?

結論としては、3年平均で人事異動があり仕事を一から学ぶ必要があります。また国や都道府県からの調査物が多く、忙しくて残業することも少なくないです。

残業して帰ってきてからプログラミングを学習するというのは、ハードルが高く「疲れたから明日やろう」なってしまい、最終的に三日坊主で終わる可能性が高いのでは無いでしょうか?

※ちなみに私はそのタイプです。

ブログに求めたものの一つとして、タイトルにもあるとおり「継続」です。

ブログをやるためにはレンタルサーバーとの契約が必要で、年間約1万5千円費用が掛かります。

ブログスタートアップ段階で、ブログ構成も詳しくないため、JINのデザインテーマを使うことにしましたが、これに掛かった経費として約1万4千円です。

「これだけ費用をかけたのに三日坊主で終わるの?」と自分に発破をかける意味合いがあります。

仕事を辞めて、死に物狂いでプログラミング学習を行うことが近道ではありますが、「家庭があって、仕事を簡単に辞める事できないよ!」と言う人にはそれなりの効果があると思います。

更に次のメリットと複合され、継続する事の有益性がありますので「やる気」は膨らんでくると思います。

 

 

 

2.プログラミング学習のアウトプットにブログを活用

勉強では「インプット3割」「アウトプット7割」が黄金比率といわれていますが、多くの人はアウトプットよりインプット割合が多いといわれています。

プログラミングで学んだ事をブログでアウトプットすることにより、「知識の習得」が図られます。

また、分からなくなったら自分のブログを見かえす形で「ノート的な役割」として利用することができます。

話は少し飛びますが、既にITの世の中でプログラミング学習をしている方が増えてきており、知識の習得にブログを閲覧してくる方が多いのも事実です。

今後のニーズとして増えてくるのは間違いありませんし、PV数も期待できる題材だと思っています。

 

 

 

3.脱サラのための担保

家庭があるので公務員を辞めるためには、収入の担保が必要です。

先ほど書いた事と重複してしまいますが、プログラミングを題材としたブログは、集客が期待できます。

2021年3月に「公務員を辞めます!」とした時に、副業で3万稼げるスキルだけでは、心許ないですよね。

ブログ毎日更新を2021年3月まで続けていければ、SEOもそれなりに上がってくるものと期待しています。

ブログでもそれなりの収益化を図り、2021年3月脱公務員に向けて、ブログを育てていきたいと思います。

 

 

 

まとめ

ブログをやる3つのメリットを書いていきました。

メリットをまとめると

プログラミング学習のアウトプット先をブログとし、継続する事によりブログからの収益化が図られる

です。

 

1年間、寝る時間を削ってでも「毎日楽しく過ごしたい!」を実現するため、頑張っていきたいと思いますが、結果についても追記していきたいと思います!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。