プログラミング

プログラミングについて「学ぶ」①~プログラミングとは何か~

 

自己紹介

41歳公務員係長hiroです。

このブログでは、私がプログラミング学習で学んだ事を、日々のノート代わりとしてアウトプットしていきますが、初心者の方が「プログラミングに対して何が知りたくて、何につまずいているのか?」自分自身が初心者なので良く分かります。

自分が感じている疑問と共通する部分が多いと思いますので、初心者目線で分かりやすく書いていきたいと思います。

 

本日は下記について学んでいきたいと思います。

  1. プログラミングは将来的に必要なの?
  2. プログラミングとは何か?
  3. 言語とは何か?
  4. プログラミング言語を使って何ができるの?

 

プログラミングは将来的に必要なの?

少し脅しかかった表現をしてしまいますが、ご了承ください。

プログラミング教育は2020年度から小学校の学習指導要領で必修化されます。

 

プログラミング教育の狙いは

①プログラミング的思考を身につけてもらうこと
②コンピュータの社会的な役割、得意不得意を理解してもらうこと
③プログラミングを活用することで、各教科の学びを深めてもらうこと

と言われています。

2020年4月に子供一人に対して一台のパソコン持つとはなりませんが、着実にそうなる時代に向かっています。

現在30代後半~40代前半の多くの方が感じた事だと思いますが、20代で入社した時に、50歳代の人がパソコンに悪戦苦闘している姿を見て「そんなことも出来ないのか?」と感じた事ありませんか?

今度は自分が若者世代に「プログラミングも知らないの?」となる時代はきっと訪れます。

そうならないためにも、遅かれ早かれプログラミング学習は必要だと思いますし、今の時代ITを勉強することは必ずプラスになります。

 

 

プログラミングとは何か?

簡単に言うと「コンピュータにプログラミング言語を入力し、人間が意図する処理をお願いすること」です。

イメージとしては、親が子供にお使いを頼むイメージがわかりやすいかもです。

親が子供に「この道を通って→A店で○○を買って→次にB店で○○を買って→この道を通って帰って来て」指示します。

この関係で「親を人間、子供をコンピュータ」に置き換えた関係がプログラミングです。

 

言語とは何か?

プログラミング言語とは「コンピュータが理解できる言葉」ですが用途によって100種類以上の言語があると言われています。

イメージとして日本人は「日本語」、イタリア人は「イタリア語」、米国人は「英語」を使うのと同じイメージですかね。

そして言語にもプログラミング言語とマークアップ言語とがあります。

 

プログラミング言語とは

プログラミング言語はPython、PHP、JavaScrip等色々な言語がありますが、主に

何かしらのデータを処理する言語です。

例として・・・

クラスのテスト点数の合計点を算出するなど、エクセルの関数的な要素と言えます。

 

マークアップ言語とは

マークアップ言語は、代表的にHTMLとCSSが上げられますが、主に

データ表現する文書構造を作る言語です。

例として・・・

ワードで「見出しをいれて、段落入れて、画像入れて」と言った要素と言えます。

 

プログラミング学習をする場合には、マークアップ言語を学んでから、プログラミング言語を学ぶことが一般的な手順と言われています。

たしかにエクセルの書式や形を覚えずに、関数を先に覚えても意味がありませんよね。

 

 

プログラミング言語を使って何ができるの?

まずは主流の言語をまとめてみました。

①Python(パイソン)

アプリケーションの開発や人工知能、データ解析など多くの用途にしようされています。

②PHP(ピーエイチピー)

動的なWEBページを作成するのに向いていて、ホームページの作成に良く使われています。

③JavaScript(ジャバスクリプト)

インターネットのブラウザ上でプログラムが動くときに利用されております。

 

他にもゲームを作る言語のC#やRubyなど色々な言語がありますが、自分がアプリケーションを作りたいのか、Webページを作成したいのか、で学習する言語が変わってきます。

ただ先ほども書いたとおり、マークアップ言語のHTMLとCSSを学ぶ事がプログラミングの最初の入り口ですので、まずはそこから学習していく事が効率的でしょう!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。